トップページ > 最新情報 > iPhoneの初期設定、3GSから6sへの進化で9倍にも増えていた
2015年11月5日 07時21分

読了まで 159

iPhoneの初期設定、3GSから6sへの進化で9倍にも増えていた

iPhone6s 予約 Apple
 
iPhoneを購入してから電源を入れると、いくつか初期設定をする必要性があり、早く新機能などを使ってみたい気持ちと闘いながら設定をするユーザーが多いかと思います。
 
この初期設定の数ですが、iPhone3GSから先ごろ発売されたiPhone6sまでの6年間の間に約9倍にまで増えていることが分かりました。

iPhone3GSの時点ではたった5つしかなかった初期設定

 

iPhone 初期設定

Luke Wroblewski氏が制作した、iPhone3GSとiPhone6sの初期設定個数の違い


 
こちらの画像は、デザイナーで起業家でもあるLuke Wroblewski氏が制作した、iPhone3GSとiPhone6sの初期設定画面の個数の比較です。ご覧のとおり、iPhone3GSの時点ではたったの5つでしたが、先般発売されたiPhone6sではその個数が45個にまで激増しています。
 
iCloudやApp Storeにおけるパスワードの設定、Touch IDの初期設定、位置情報サービスの登録に関する設定などがそれにあたります。iPhone6sではiPhone3GSの際と比較して端末に搭載されているテクノロジーが向上しているので当然といえば当然ですが、たしかに改めて言われてみると多くなりましたね。
 
先にすべて登録すればあとは特に設定の必要がありませんが、Luke Wroblewski氏のようにこれを不快に思うユーザーにすれば、今後も増えるであろう初期設定の個数にうんざりということもあるでしょう。
 
 
Source:FastCompany
(クロス)

 
 

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる