トップページ > 最新情報 > 新型Apple TV、購入前に確認すべき注意点
2015年10月30日 21時06分

読了まで 222

新型Apple TV、購入前に確認すべき注意点

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

今日発売となった新しいApple TV(第四世代)ですが、これまでのApple TVとは多くの点で異なります。そのため第三世代、第二世代のApple TVから買い換える際にも少し注意が必要な点があります。そこで初めてApple TVを購入する人向けの注意点を含めてまとめていきます。

 

Apple TV

接続するテレビにはHDMI端子が必要、ケーブルは別売り

Apple TVを初めて購入する人が注意すべき点は利用環境です。Apple TVの接続にはHDMI端子のあるテレビが必要です。この端子のないテレビには対応していません。また接続にはHDMIケーブルが必要ですが、Apple TVには付属していません。別途買い求める必要があります。

 

またWi-Fiも必要です。iPhoneなどのテザリングでもApple TVをネットに接続してコンテンツを楽しむこともできますが、データ利用量が膨大になるので現実的ではありません。さらにはコンテンツのダウンロードにはApple IDも必須です。もしApple IDがないのなら購入前に準備しておいたほうがいいでしょう。

旧モデルからの変更点には要注意

Remote

 

Apple TV(第四世代)の最大の特徴はSiri Rimoteですが、このリモコンの導入に伴ってiPhone/iPadアプリ「Remote」は利用不可となっています。このアプリでiPhoneやiPadをリモコン代わりにしていた人は注意が必要です。

 

APPLE TV 端子

 

また第四世代になってApple TVから光オーディオ出力端子がなくなっています。そのため光オーディオケーブルでコンポなどに音声を出力することはできなくなります。その代わりBluetoothで外部に音声出力ができるようになっていますが、旧モデルから変更があることには注意が必要です。

Huluの視聴は未対応

hulu

 

第三世代まで普通にApple TVで楽しめていたHuluは第四世代のApple TVに対応していません。映画やドラマをHuluで楽しんでいる人は要注意です。Hulu JapanのTwitterアカウントも未対応を認めており、当分は未対応の状態が続く可能性があります。

 

またApple TVに対応するアプリ自体もそれほど多くありません。今後デベロッパーによる開発を待つしかないのですが、購入してからすぐにアプリで楽しみたいという人はもう少し待った方がいいかもしれません。

 

と、いろいろ注意点を書いてみましたが、Apple TVは確実に進化しています。価格は高くなっていますが、その分価値のあるディバイスだと思います。
 
 
Source: AppleHulu
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報, Apple TV  タグ :
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる