トップページ > 最新情報 > iPadの売り上げ低迷がサプライヤーの業績に大打撃
2015年10月29日 04時32分

読了まで 152

iPadの売り上げ低迷がサプライヤーの業績に大打撃

iPhone_iPad
 
AppleのiPadの売り上げ低迷が、台湾のサプライヤーであるCoretronicの業績に大きな打撃を与えていることが明らかになりました。

工場の人員削減、子会社を閉鎖

前四半期(2015年7~9月期)のiPadの売り上げは、2011年以来初めて1,000万台を割り込み、988万3,000台となりました。そしてその低迷が、Appleのサプライヤーの業績にも多大な影響を及ぼしています。
 
Digitimesは、AppleのiPad向けにバックライトを供給する台湾Coretronic(中強光電)が、台湾北部の竹南の工場、また台南サイエンスパーク内の工場の人員削減を余儀なくされただけでなく、中国・南京にある子会社を閉鎖したと報じています。
 
同メディアへの情報提供者は、最近発売となったiPad mini4について、従来モデルと比べ改良点が少なかったため、需要創出につながっていないと述べているようです。
 

Photo: QZ

Photo: QZ

Appleの業績は好調だが…

現地時間27日に発表されたAppleの第4四半期(7~9月期)の業績はおおむね好調でしたが、唯一iPadのみが売り上げを落としています
 
決算発表においてAppleのLuca Maestri最高財務責任者(CFO)も、iPadの売り上げがAppleのほかの商品、特にiPhone6s Plusなどの大画面iPhoneに侵食されていることを認めています。
 
 
Source:Cult of Mac,Digitimes
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる