トップページ > 最新情報 > 電子決済サービス「Samsung Pay」の利用者が100万人超え
2015年10月27日 08時41分

読了まで 144

電子決済サービス「Samsung Pay」の利用者が100万人超え

Samsung Pay


 
韓国メーカーのサムスンは、Appleが提供する電子決済サービス「Apple Pay」の対抗として8月より韓国で「Samsung Pay」を開始していますが、その利用者が100万人を突破したと発表しています。

1日あたりの決済件数は約10万件

海外のモバイルサービスを多数紹介するブログメディア『blog of mobile』は、「Samsung Pay」の1日あたりの決済数は10万件に達し、累積取引額は1,000億韓国ウォン(約100億円)を超えたと伝えています。
 
利用者は100万人に達していることもあわせて発表されており、韓国でのサービス開始が8月20日であることから、およそ2ヶ月での大台達成であることがわかります。
 
対応端末は現在のところ、Samsung Galaxy S6, Samsung Galaxy S6 edge, Samsung Galaxy S6 edge+, Samsung Galaxy Note5と比較的新しい端末に限られますが、Samsung Galaxy Note5の利用者は半数がSamsung Payに加入しているとの情報もあります。
 
なお、「Samsung Pay」は韓国のほか、9月28日からは米国でもサービスが開始されており、今後Appleの電子決済サービス「Apple Pay」とどのように競合していくかに注目が集まります。
 
 
Source:blog of mobile
(クロス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる