トップページ > 最新情報 > iPhone2GからiPhone6sまで10台を同時に水没させた実験の悲しい結末
2015年10月27日 06時10分

読了まで 155

iPhone2GからiPhone6sまで10台を同時に水没させた実験の悲しい結末

iPhone 水没
 
YouTuberのZach Straley氏が、これまで発売された歴代iPhone 10機種の防水実験を敢行、動画を公開しています。

以前にはiPhone6s/6s Plusの防水実験を実行

Straley氏は、以前にもiPhone6s/6s Plusを水没させて防水機能を試す実験を行い、注目を集めています。
 
今回Straley氏は、iPhone6sを含むこれまでに発売されたiPhone、iPhone2G、iPhone3G/3Gs、iPhone4/4s、iPhone5/5s/5c、iPhone6/6sの、合計10機種の防水機能の差を測定する、水没実験を行うことにしました。
 
1台1台をすべてグルーガンでボードに貼り付け、各iPhoneのストップウォッチをスタートさせたあと、水を張ったトレイにボードごと水没させるという方法を取っています。

予想を裏切る悲惨な結果に

前回のiPhone6sの実験では、1時間水没させたのちも問題なく動作したことから、少なくともiPhone6sは大丈夫だろうというのが、当初の予想でした。
 
ところがボードに浮力が働いてしまい、iPhoneごと浮き上がってくるのを何度も手で沈めたためでしょうか。iPhone6sは早々に機能停止してしまい、一番長持ち(といっても若干ですが)したのはiPhone3Gという、悲惨な結果となってしまいました。
 
Straley氏本人もこれにはかなりがっかりしたようで、「とんでもなくひどい結果だ」と認めています。
 
やはりAppleのいう通り、iPhoneには防水機能はないと考えておいたほうがよさそうです。
 

 
 
Source:Cult of Mac,Zach Straley:YouTube
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる