トップページ > iPod Touch > 初代iPod発表から14年
2015年10月24日 02時05分

読了まで 210

初代iPod発表から14年

スティーブ・ジョブズ氏と初代iPod
 
ちょうど14年前の今日、2001年10月23日(日本では24日)、スティーブ・ジョブズ氏が初代iPodを発表しました。

「音楽の聴き方の飛躍的進歩」、iPod発表から14年

現地時間2001年10月23日のイベントで、当時のApple社CEO、スティーブ・ジョブズ氏は、「音楽の聴き方の飛躍的進歩」のフレーズとともに、初代iPodを発表しました。
 
約1ヶ月後の11月17日に発売されたiPodは、世界から驚きをもって受入れられました。ディスプレイの下に操作用クリックホイール、というデザインの基本要素は、ディスプレイとホームボタンを持つiPhoneにも引き継がれています。

世界で4億台売れたiPodシリーズ

2002年には、WindowsパソコンもiPodに接続可能なモデルが発売され、iPodは快進撃を続けます。
 
今日までの14年間に、iPod Classic、Nano、Touch、ShuffleのiPodシリーズは世界中でおよそ4億台が販売されたと見られ、私たちの音楽との付き合い方は大きく変化しました。
 
市場には、数多くのデジタル音楽プレーヤーが投入されましたが、いずれもiPodに圧倒されて消えていき、iPodはデジタル音楽プレーヤーの代名詞的存在となりました。

初代iPodを発表するジョブズ氏

下の動画は、2001年に黒のタートルネックとブルージーンズというスタイルで、初代iPodを発表するスティーブ・ジョブズ氏です。晩年と比べると、だいぶふっくらしているのが印象的です。
 

 
15曲程度(!)しか保存できない当時のデジタル音楽プレーヤーに対し、iPodは5GBのストレージに約1,000曲を保存できる、と優位性をアピールしました。

Appleは世界最大の音楽販売事業者へ

iPodで音楽業界に衝撃を与えたAppleは、2003年4月28日にiTunes Music Storeに進出し音楽のダウンロード販売を開始し、2010年には世界最大の音楽販売事業者となりました。
 
その後、iPodシリーズはAppleのビジネスの中心としての役割を終えますが、2015年6月にAppleはApple Musicをリリースして音楽配信に参入しました。
 
 
Source:Patently Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる