トップページ > iPad mini > アップル、新iPad miniの在庫不足を懸念してSamsungに支援要請?!
2013年11月1日 16時23分

読了まで 155

アップル、新iPad miniの在庫不足を懸念してSamsungに支援要請?!

アップルは、Retinaディスプレイ搭載のiPad miniの発売を目前にして、製品の供給が厳しいという噂が渦巻いています。最近の状況はますます厳しくなった模様であり、Retinaディスプレイの生産をSamsungに依頼したという噂もあります。

 

iPad mini

 

ドコモ向けの生産も重しに

日経新聞によると現在の製造委託先であるシャープとLG Displayだけでは所定の生産量に届かない可能性があり、アップルはライバルのSamsungに支援を要請したという情報があります。

 

このような厳しい供給不足が懸念される事態に陥ったのは、日本の最大の携帯電話会社である NTT DoCoMoによるところが大きいとされています。

 

同社とアップルは、数年越しの交渉の末、今年の9月にはじめてをiPhone 5sとiPhone 5cを販売することになったという経緯がありましたが、その結果、NTT DoCoMoにも安定的に製品を供給する必要性が生じました。

 

LG、シャープともに製造に課題

さらに、主要な製造委託先であるLG Displayは生産問題に直面し、フル操業にはほど遠いとされています。そして、アップルは数量は定かではありませんがSamsungに対してRetinaディスプレイの生産を委託せざるえなくなったとされています。

 

iPad miniの在庫不足の懸念については、シャープにも責任があるという話もあります。同社は、Retinaディスプレイの2番手の生産委託業者ではありますが、パネルの生産シェアは40パーセントにも及びます。

 

アップルはまだ公式にiPad miniの発売日を発表していませんが、上記の状況から、在庫不足に陥る可能性は意識しておいた方が良いかもしれません.

 

参照元:AppleInsider
執 筆:MIYA

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iPad mini, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる