トップページ > 最新情報 > 天然木、ジュラルミン、石ワニ~人とは違う、こだわりのiPhone6sケース
2015年10月22日 13時57分

読了まで 258

天然木、ジュラルミン、石ワニ~人とは違う、こだわりのiPhone6sケース

Contour_iPhone_Case
 
大切なiPhoneを入れるケースを、ほかの人とは違う、ちょっぴりこだわったものにしたい、という方もいらっしゃるでしょう。今回は他人とかぶりにくい、個性的なケースをご紹介します。

天然木を使ったiPhone6s/6ケースとアクセサリ

Hamee(ハミィ)は、天然木を使ったスマートフォンアクセサリブランド「Contour(コントゥア)」から、薄さ約1.5mmのiPhone6/6s用ウッドハードケース、表面に天然木のパネルを使用したモバイルバッテリー、コネクタを天然木で包みコード部分を本牛革で編み込んだLightningケーブルの3商品の予約受付を開始しました。発送は11月上旬を予定しています。
 
3商品に使われている天然木はローズウッド、ウォルナット、チェリーウッド、バンブーの4種類で、ケース、モバイルバッテリー、Lightningケーブルの色合わせができるようになっています。
 
Contour_iPhone_cable_battery
ケースは木とカーボン・ケプラー素材を重ねて層状にすることで、プラスチック製と同等の強度をもたせつつ、薄型・軽量(20g)化を実現しています。
 
モバイルバッテリーは容量5,000mAh、Lightningケーブルは15cmと50cmの2種類が用意されています。
 
iPhone6/6sケースの価格は3,780円、モバイルバッテリーは5,940円、Lightningケーブルは15cmが3,456円、50cmが3,780円(いずれも税込)です。

金属職人が1つ1つ加工した高級ジュラルミンケース

Komai_iphone_case
 
金属精密加工の駒井工作所が、現場のモノづくりの技術を活かした日用品を企画・販売する『JUSTE(ジュスト)』プロジェクトを発足、その第1弾として、手触りを重視、手にした時のフィット感にこだわったジュラルミン製のiPhoneケースを販売中です。
 
某有名スピーカー・メーカーのデザインチームが人間工学を駆使してデザインを担当、熟練の職人が単なるメッキではなく、金属を侵食しながら表面に強固な皮膜を形成するアルマイト加工を1つ1つに施しました。
 
航空機の部品にも使われる超々ジュラルミンを贅沢に使い、軽量かつ頑丈な作りとなっています。表面の特徴ある模様は和柄の「立涌文様」です。
 
カラーはシルバー、ブラック、木目の3色展開で、7色取りそろえたビスにより、ケースとビスの組み合わせをカスタマイズして楽しめる仕様となっています。
 
対応製品はiPhone6/6s、iPhone5/5sで、重さはそれぞれ58gと65g。価格は34,560円(税込)となっています。

激レアな超薄ワニ革スマホケース

MaaYu_Wani_Case
 
マーユは、1匹の石ワニから1つしか採れない胴回りを使用した、レアかつ贅沢なスマホ横開きケースを発表しました。ワニの背中のゴツゴツとおなかの境目が柔らかいのを利用して、この部分をケースの折れ目にしているため、構造上横開き専用となっています。
 
また内部ケースとふたの部分は、0.7mm以下の薄く柔らかいプラスチックを石ワニ(または牛革)で包んでいるため、ゴツゴツした部分以外は薄型となっています。エッジは特殊な溶液で固め、処理されています。
 
色はマットなブラウンまたはマットなブラックで、タイプは「Book型中牛革タイプ」(40,000円)「Book型裏表蛇革タイプ」(50,000円)「Book型総蛇革タイプ」(60,000円)の3種類(いずれも税込)です。
 
完全手作りのため、1品ずつ注文後の製作となります。納期までの期間は約1週間です。
 
なおこちらでご紹介した製品については、すでに売り切れとなっている場合もありますので、ご了承ください。
 
 
Source:Hamee, 駒井工作所, マーユ
(lunatic)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる