トップページ > Apple Watch > Apple、バッテリーの持ち時間を改善したwatchOS 2.0.1をリリース
2015年10月22日 04時54分

読了まで 138

Apple、バッテリーの持ち時間を改善したwatchOS 2.0.1をリリース

watchos_2.0.1
 
Appleは現地時間21日、バッテリーの持ち時間やソフトウェアアップデートが中断するバグなどを修正した、Apple Watch向けのwatchOS 2.0.1をリリースしました。

バッテリー問題が改善

watchOS 2.0.1では、バッテリーの持ち時間に影響するバグが修正され、ソフトウェアアップデートを中断する問題も修正されました。
 
またApple WatchにiPhoneを接続した際にiOSカレンダーがうまく同期できない問題、アップデートすると位置情報が適切に表示されない問題、Digital Touchが電話番号でなくメールアドレスから送信する問題、Live Photoをウォッチフェイスとして使う場合に不安定になる問題が修正されたほか、Siriを使って心拍数を測定する際にセンサーを継続稼働させることが可能になりました。

新しい絵文字が追加

同日リリースされたiOS9.1やOS X El Capitan 10.11.1と同じく、新しい絵文字が追加されています。
 
また同日、Apple TV用のOSであるtvOSのGold Masterが、開発者向けにリリースされました。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる