トップページ > Mac > Apple、iMovie for Macをアップデートで4K動画の編集対応に
2015年10月14日 08時02分

読了まで 20

Apple、iMovie for Macをアップデートで4K動画の編集対応に

iMac iMovie
 
AppleはMac向け動画編集ソフト「iMovie for Mac」をアップデートし、4K動画の編集に対応しました。

バージョン10.0.1の新機能について

Appleは現地時間13日に新型iMacシリーズを発表しました。この中には4K液晶を搭載した「iMac(21.5インチ) 4K Retinaディスプレイモデル」が含まれており、今回のアップデートも同モデルのリリースにあわせたものとみられます。なお、アップデートが施された「iMovie for Mac バージョン10.0.1」の新機能は以下の通りです。
 

• 対応するMacコンピュータで、圧倒的に美しい4K解像度(3840×2160)でムービーを作成および共有(1)
• よりリアルでスムーズな動きを実現する1080p HD/60 fpsビデオでムービーを作成および共有
• iOS用iMovie(バージョン2.2以降)からムービーや予告編を読み込んで、iOSデバイスで編集を始めたムービーをMacで仕上げることが可能に
• 新しくなったメディア表示で、ライブラリ内のブラウズ時に一度により多くのビデオや写真を表示
• プロジェクト表示でムービーや予告編を簡単に検索して選択
• ムービーの編集中にブラウザのタブからタイトル、背景、トランジション、ミュージックにすばやくアクセス
• ムービーの編集中にブラウザを隠すオプションを追加
• iOS用iMovieに含まれる10種類のビデオフィルタを追加
• Retina 5Kディスプレイ搭載のiMacで、ムービーの編集中に4Kビデオをピクセル単位で表示

 
なお、4Kで書き出すには、4GB以上のRAMを搭載した2011以降のMacが必要ですのでご注意ください。
 

iMovieiMovie
カテゴリ:ビデオ
現在の価格: ¥1,800

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
(クロス)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる