トップページ > iPhone6s > サムスン対TSMC製A9電池持続テスト、「その差は数パーセント」
2015年10月13日 13時10分

読了まで 223

サムスン対TSMC製A9電池持続テスト、「その差は数パーセント」

iphone6s cpu a9
 
複数のユーザーやメディアによるベンチマークテストにより、注目を集めているサムスン製A9チップとTSMC製A9チップを搭載したiPhone6sのバッテリー持続時間問題ですが、米メディアArsTechnicaが改めて実験を行い、その結果を公開しています。

Appleが公式コメント

ユーザーがTSMC製とサムスン製では、前者のA9を搭載したiPhone6sのほうが「2時間もバッテリーが長持ちする」という実験結果を公開したのをきっかけに、「チップゲート問題」とまで言われ、事態はAppleがバッテリーの持続時間について公式コメントを出すまでに発展しました。
 
Appleは両社製のA9チップの性能差を認めつつも、その差は「2~3%程度」としています。

4種類のバッテリーテストを実施

ArsTechnikaは改めて2台の新品のiPhone6s(片方はサムスン製A9、他方はTSMC製A9を搭載)を用い、2台の条件を揃えたうえで、バッテリーテストを行いました。
 
行ったテストは4種類。ひとつはこれまでにもその結果が発表されているGeekbench 3で、これはCPUにかなりの負荷を長時間かけ続けるテストです。もうひとつはCPUとGPUに負荷をかけ続けるWebGLテストですが、Geeekbench 3よりは低い負荷となります。
 
また同メディアはグラフィック性能をテストするGFXBench GL 3.1テスト、さらに同じページを15秒おきに読み込み続けるWi-Fiブラウジングテストを実施しました。いずれのテストも最低でも2回ずつ行われています。
 
テスト結果は以下のグラフをご覧ください。
 
Samsung-vs-TSMC-iPhone

通常使用では差はほとんどない

テスト結果からわかるのは、やはりTSMC製チップ搭載iPhoneのほうが、バッテリー持続時間がやや長いということです。唯一WebGLテストだけでは、サムスン製がTSMC製を上回りました。
 
ただし、大差が開いたのはGeekbenchテストのみで、ほかの3つのテストでは数パーセント程度しか違いが見られず、これはAppleの公式コメントと一致しています。
 
つまりこれらのテスト結果からわかるのは、ある特定の環境下では確かにTSMC製搭載機のほうがサムスン製よりバッテリーの持ちがよいものの、常にそうとは限らないということです。ArsTechnikaは、サムスン製チップとTSMCチップは同じように動作しているうえに、テストで大差がついたCPUに負荷がかかり続ける環境は、通常起こりえないと述べています。そして「ほとんどの場合、iPhone6sのバッテリーライフは、電話が使用しているチップに関係なく、ほぼ同じ」と結論づけています。
 
 
Source:ArsTechnica
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる