トップページ > おもしろ ネタ > Facebook、長ったらしい名前の使用を禁じたが実は「本名」だった
2015年10月8日 04時58分

読了まで 22

Facebook、長ったらしい名前の使用を禁じたが実は「本名」だった

Facebook
 
Facebookがイギリスのとある男性のアカウントを、そのへんてこりんな名前から「ニセモノ」だと考え、強制閉鎖しました。ところが実はそれが彼の本名だったのです。

「長ったらしくてややこしい」さん

イギリス在住の男性が、ある日いつものようにFacebookのページを開こうとすると、アカウントが強制的に閉鎖されていたことがわかりました。というのは、登録されていた彼の名前が「Something Long And Complicated」(長ったらしくてややこしいもの)だったからです。
 
誤解のないように繰り返しますが、男性の名前が「長ったらしくてややこしい」のではありません。「Something Long And Complicated」というのが彼の「本名」なのです。男性はもとはWilliam Woodという名前でしたが、2007年に前述の名前へと正式に変更したのでした。

写真が見られないのがショック

Somethingさんが何よりショックだったのは、Facebookにアップロードしていた数々の写真にアクセスできなくなってしまったことでした。パソコンなどにバックアップしていなかったようで、Facebookがアカウントを復活させない限り、これらの写真は永久に失われてしまいます。
 
Mirror Onlineによれば、彼はまたTinderを含むFacebookの関連サイトや、Messengerアプリも使えなくなってしまいました。
 
実はFacebookアカウントが強制閉鎖されるのはこれが初めてではないとか。しかし以前は身分証明書のコピーを提出したらすぐに復活してくれたのが、今回はまだ使えない状態が継続しているのだそうです。
 
どうしてそんなおかしな名前に変えたのだろうという疑問は置いておくとして、一度閉鎖された経験があるのなら、2度目もあるかも知れないとは考えなかったのでしょうか。Somethingさんには写真のバックアップを取っておくことをお勧めしたいです。
 
 
Source:Cult of Android
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : おもしろ ネタ, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる