トップページ > Apple TV > Amazon、Apple TVとGoogle Chromecastの販売を終了
2015年10月2日 06時22分

読了まで 213

Amazon、Apple TVとGoogle Chromecastの販売を終了

amazon
 
Amazonが、自社のビデオ配信サービスと競合するApple TVとGoogleのChromecastの同サイトにおける販売を、10月29日をもって終了する模様です。

AmazonのPrime Videoに対応しないのが理由

Bloombergによると、Amazonは同社のマーケットプレイスで販売する業者にメールを送信、Apple TVとGoogleのChromecastの販売を停止するよう通達しました。今後はこれら商品の新規掲載は行われず、在庫については10月29日にサイトから外されます。
 
販売終了の理由は、同社が提供する動画配信サービスPrime Videoが、上記2つの端末では容易に利用できないためとしています。
 
Amazonはメールにおいて、

「これまでの3年間で、Prime VideoはPrimeの重要な一部に成長しました。お客様の混乱を避けるためにも、当社が販売するストリーミング・メディア・プレイヤーで、Prime Videoが利用できることが重要です」

と説明しています。
 
Amazonによれば、Roku、MicrosoftのXbox、ソニーのPlayStationはPrime Videoに対応しているため、販売禁止対象にはならないとのことです。

根拠が弱い

しかしWedbush Securitiesのアナリスト、Michael Pachter氏は「根拠が弱すぎる」と指摘します。同氏によれば、Amazon利用者のうちPrimeメンバーとなっているのは20%以下です。

「残り80%がApple TVでNetflixを利用したいとしたら?顧客の混乱を避けるというのは、他社の製品ではなく自社製品を選ばせようとする言い訳で、これはよくない決断だと思う」

Parks Associatesが8月に発表した報告書によれば、2014年に米世帯向けに販売されたすべてのメディアストリーミング製品のうち、Amazon、Apple、Google、Rokuの製品で86%を占めています。2019年には世界で8,600万台のストリーミング端末が販売されると同社は予測しています。
 
Amazonは2014年、米国におけるストリーミング製品売り上げで、Appleから3位の地位を奪いました。同年の1位はRokuで市場シェアは34%、2位はGoogleで同23%となっています。
 
 
Source:Bloomberg
(lunatic)

カテゴリ : Apple TV, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる