トップページ > iPhone6s > iPhone6s、分解によって防水の仕組みが判明
2015年10月1日 08時32分

読了まで 215

iPhone6s、分解によって防水の仕組みが判明

apple 防水 iphone6s iphone7
 
非公式ながら防水性能を有していることが明らかとなっているiPhone6sですが、どういう仕組みで防水技術が適用されているのかをiFixitが公開しています。

新たな防水対策を複数採り入れていた

iFixitによれば、iPhone6sは従来にはない、水の侵入を防ぐための「不思議な接着」が、ディスプレイ周りに施されていたそうです。

浴槽のコーキング(水漏れ防止処置)のように、アップルは単にディスプレイの周りを接着したのではない。代わりに、ガスケット(気密性・液密性を持たせるための固定用シール材)を用いるため、iPhone6より0.3mmだけフレーム周囲の幅を広げている。

apple 防水 iphone6s iphone7

iPhone6


apple 防水 iphone6s iphone7

iPhone6s


 
また、iPhone6sのロジックボードにあるケーブルコネクターにも、水が入らないようシリコンでシーリングがしてあることが確認できます。同技術は3月にアップルが特許を取得したことが分かっており、公開された際には、iPhoneが防水になることに対する期待がにわかに高まっていました。
 
apple 防水 iphone6s iphone7

金色の部分で小さな黒いパッキン状のものが確認できる


iPhone7への弾みか


なお、スピーカーのメッシュもわずかながらきめが細かくなっています。下図の上がiPhone6s、下がiPhone6です。
 
apple 防水 iphone6s iphone7
 
防水機能とは言っても、公的な認定基準をクリアしたわけでもなく、公式にもサポートされていない機能であるため、仮に水没して故障しても補償はありません。
 
しかし、新たな技術がこうしてiPhone6sに取り入れられていることからも、iPhone6sの防水機能が決して副次的産物ではなく、明らかな目的として採用された機能だということが分かります。iPhone7は公式に防水仕様になるとの観測が出ていますが、アップルにとって、iPhone6sは7への弾みのような位置づけなのかも知れませんね。
 
 
Source:iFixit,Cult of Mac
(kihachi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる