トップページ > 最新情報 > 自分好みのスマートフォンが作れる構想を発表!
2013年10月31日 19時36分

読了まで 225

自分好みのスマートフォンが作れる構想を発表!

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

自由にパーツを組み合わせて、自分のが欲しいと思うスペックのスマートフォンを作る事が出来る。そんな夢のようなスマートフォン構想が発表されました。

 

それが「Project Ara」です。

 

ハードウェア版androidを目指した構想

このプロジェクトは米Google傘下のMotorola Mobilityが発表したもので、ソフトウェアのオープン化と同じようにハードウェア面でもオープン化させようという趣旨から生まれたプロジェクトです。

 

Project Ara Image

 

 

もともと米Google傘下のMotorola Mobilityは、1年前からAra構想を暖めてきていたそうで、最近になって同じビジョンを持つプロジェクト「Phonebloks」と出会い、互いの持つ長所を出し合い協力する体制を作り上げてきたそうです。

 

Photobloks構想

 

基本はフレームとモジュールから

Project AraとPhotobloksでは、どちらも基本ハードウェアとなる骨格のフレーム部分と、様々な機能を持っているモジュール部から構成されており、自分が使いたい機能を持っているモジュールをフレーム部に取り付けいくというものです。

 

photbloks_image

 

世界に一台しかないスマートフォンを作る

例えば、ディスプレイは解像度の高いものや強化性ガラスで頑丈にできているものなど、モジュールとして用意されている中から選びます。次にCPUは最新機種に搭載されているような高速処理が可能なものから、バッテリーを考えた省電力CPUなど、提供されているものの中からどれでも選択することが可能になるのです。こうして一台のスマートフォンを自分の好きなスペックで作る事が出来るのです。

 

修理が必要のない時代がやってきます

また、ディスプレイが割れてしまった場合でも、そのディスプレイモジュールを交換するだけ修理完了。いちいち修理に預けたり、良品交換する必要もなくなるのです。もちろん修理にかかる時間はほんの数分程度で済んでしまうでしょう。

 

iPhoneで出来たらこんな感じ?

例えば、ディスプレイの解像度はiPhone4と同じで、CPUはiPhone5/5sと同じにして内蔵ストレージのモジュールを2個にして128GBにするという事だって出来るようになるのです。今までここが足りないんだよとか、もう少しここを変えてくれればといったスペック部分の不満を満たしてくれる自分だけのオリジナルiPhoneを作ることが現実となります。

 

Project Araは今後のスマートフォンのあり方を根底から変えてしまう、大きなプロジェクトと言っても過言ではないでしょう。これからの動向が非常に楽しみです。

 

 

執 筆:KSM

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる