トップページ > 最新情報 > アップル、日本で記録的な販売シェア34%を獲得
2013年10月30日 01時50分

読了まで 139

アップル、日本で記録的な販売シェア34%を獲得

iPhone 5s
調査会社のCounterpoint Reseachによると、日本国内での携帯電話販売数でiPhoneの販売シェアが7月と8月には約14%だったにも関わらず、9月には34%のシェアを獲得し280万台を販売したとレポートしています。
 
同社の役員Tom Kang氏によりますと、さらに印象的なのは世界でもっともデジタル化されたマーケットのひとつである日本で、ひとつの携帯電話ブランドが30%を超すシェアを獲得したのは初めて事だと述べています。
 
Kang氏は、日本は3社ある携帯電話会社がおよそ10ブランドの携帯電話モデルを扱っている非常に競争の激しい業界であり、従来ではひとつのブランドが30%のシェアを獲得することはあり得ないことだとも述べています。アップルがここまでシェアを拡大できたのは、日本独特の理由があるようで、日本では特に新型機種のiPhone 5siPhone 5cにユーザーが集中していて、アメリカでは6.4%、世界の平均では5.5%にも関わらず、日本では10%と非常に高いシェアとなっています。
 
また、日本での売上も大きく拡大していて直近の四半期の前年比での成長率は41%と中国の6%を大きく引き離しています。
 
 
参照元:Cult of Mac
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる