トップページ > 最新情報 > 「A7チップの64ビット対応はただの宣伝文句」発言のクアルコム幹部、降格処分
2013年10月30日 00時15分

読了まで 136

「A7チップの64ビット対応はただの宣伝文句」発言のクアルコム幹部、降格処分

iPhone 5s
以前の記事でご紹介した「A7チップの64ビット対応はただの宣伝文句」と発言したクアルコムの幹部が、どうやら降格処分になってしまったようです。
 
iPhone 5sに搭載された新しい64ビット対応のA7プロセッサーは、今後のiPhoneをはじめとするiOSデバイスにも搭載され、デスクトップパソコンに匹敵する処理スピードを可能にし、アップルの方向性を明確に示すプロセッサーなのですが、以前の記事で紹介したように、クアルコムのマーケティング担当役員である、Anand Chandrasekher氏が「A7チップの64ビット対応はただの宣伝文句」と発言し、議論を招いていました。
 
実はクアルコムはアップルのiPhoneやiPadに4Gや3G、Wi-Fiネットワークとの接続を行う無線チップを供給するメインのサプライヤーであり、言ってみればアップルがお客様、更に自社でも64ビット対応のプロセッサーを開発中となれば、この発言はちょっとまずかったようで、クアルコムはその後、この発言を撤回していたのですが、同氏は降格処分になり、役職もなくなってしまったようです。
 
 
参照元:Patently Apple
執 筆:リンゴバックス

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる