トップページ > 最新情報 > auの「オプション強制加入」問題、KDDI社長は認識も、時期まで把握せず?
2013年10月28日 23時03分

読了まで 225

auの「オプション強制加入」問題、KDDI社長は認識も、時期まで把握せず?


auの「オプション強制加入」問題、KDDI社長は認識も、時期まで把握せず?

KDDI田中社長(KDDI Webサイトより)



10月28日の決算会見にKDDIの田中社長が登場しました。田中社長は、auショップでiPhone等のスマートフォンを購入する際、月額3,000円前後の有料オプションをほぼ強制的に契約させられる問題について、認識していたことを明らかにしました。ITmedia ニュースが報じています。

ネットを中心に広がるauの「オプション強制加入」問題

先日、iPhone 5s購入の際に、「いらない」と断ってもしつこく勧められ、仕方なく有料オプションに加入した体験を有名ブロガーが取り上げた頃から、インターネット上を中心に、auショップで強制的に有料オプションに加入させられる問題が話題となっています。ドコモ、ソフトバンク、auの各社販売店の中でも、auショップではオプション加入を断れないようなトークが展開されている現状も報じられています。

KDDI・田中社長は問題を認識も、いつから認識しているか触れず?

前年同期比で約5割増しとなる約3,400億円と過去最高益を叩き出し、絶好調の決算発表の会場で、KDDIの田中社長が、オプションの強制加入は「抱き合わせ販売ではないか」との質問に答えました。田中社長の発言を箇条書きにすると、以下のようなものです。
・(抱き合わせ販売という)指摘は存じ上げている。
・店頭には、オプションであることを説明するよう改善を進めている。
・オプション加入を端末購入の必須条件にすることは許されない。
・店頭への指導を進めたい。
田中社長は問題を認識しているものの、いつ頃からオプション強制加入問題を認識しており、その方針がauを展開するKDDI本体の営業方針としてどう位置付けられているかについては、説明がなかった模様です。

auのiPhoneユーザーに広がる怒り

iPhone5を発売したauが、実際には14%程度だったLTEの人口カバー率を96%と大きく偽って広告し、「ユーザーへの補償には応じない」としながらも強く抗議されるとこっそり個別に補償に応じていた問題が報じられました。これらの問題が明らかになった時、auのiPhoneユーザーからは「裏切られた」と失望の声が上がりました。現在、auが宣伝する「プラチナバンド」が使えるからと、iPhone 5s / 5cに機種変更すると、半強制的に月額3,000円程度のオプションに加入させられる問題に遭遇したauのiPhone ユーザーの怒りの声がインターネット上に散見されます。
 
各社でiPhoneシリーズを取り扱うようになった現在、真の意味の「顧客満足」を追求する、ユーザーに対する姿勢もキャリア選択の条件となっていくことを、ユーザーは希望しています。
 
 
参照元:ITmedia ニュース
執 筆:hato

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる