トップページ > iPhone6s > iPhone6s/6s Plus発売目前!損しないための買い方徹底ガイド!

読了まで 334

iPhone6s/6s Plus発売目前!損しないための買い方徹底ガイド!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6s
 
iPhone6siPhone6s Plusの発売が9月25日に近づいてきました。「安さ」「キャッシュバック」をアピールするショップや量販店には思いがけない出費につながってしまうリスクもあると指摘されています。iPhone6s/6s Plusを安心して、損せず買うための方法を考えてみましょう。

まもなく発売のiPhone6sとiPhone6s Plus

iPhone6siPhone6s Plusは、新色ローズゴールドの追加やカメラ性能の進化などが話題で、先日の読者アンケートの結果でもiPhone5sユーザーの約8割が「購入予定」と答えるなど、早くも大ヒットが見込まれています。そんなiPhone6s/6s Plusを、近くの携帯ショップや家電量販店で買おうと思っている方は注意が必要かもしれません。
 
キャリアの看板を掲げた携帯ショップや、大手家電量販店でiPhone等のスマートフォンを購入する時、月額料金のかかるオプションサービスやアプリの契約を勧められることがよくあります。新型iPhone発売後、品薄状態が続く時期に「オプション契約しないと販売できません」と半強制的にオプション契約を勧める現場を筆者も確認しました。

使われずに払われる「有料オプション」は数千億円!?

野村総合研究所上席コンサルタントで総務省の「ICT安心・安全研究会」委員である北俊一氏が、毎日新聞でこの問題の背景を解説しています。
 
iPhoneなどのスマートフォン購入時に、同時に有料オプションを契約させる、いわゆる「オプション強制」は問題視されて若干下火になったものの、量販店や併売店(街の携帯ショップ)ではまだ続いています。
 
スタッフから「お試し期間中に解約すれば無料です」と、さも契約するのが当然とばかりに契約を勧められて契約したものの、そのまま忘れて月額料金を払い続けるユーザーは多い、と北氏は見ています。
 
北氏は、使われずに支払われるサービスやアプリ代金による大手キャリアの収益について「おそらく数千億円は下るまい」と、無意識のうちに毎月料金を払っているユーザーの多さに警鐘を鳴らしています。

有料オプションを勧めるのは携帯業界のビジネスモデル

以前、iPhone Maniaでもご紹介したように、携帯ショップや代理店(大手家電量販店でスマホを販売するのも大半が代理店です)は、有料オプションやアプリの契約率を示す「付け率」と呼ばれる目標値によって、キャリアからの報奨金が大きく変動するビジネスモデルで商売をしています。報奨金の額が死活問題になるショップのスタッフは、必死で有料サービスやアプリを入れるよう、お客さんに働きかけるのです。
 
キャリア看板

大手携帯キャリアの看板を掲げている携帯ショップも、大手家電量販店の携帯コーナーも、大半が代理店の店舗です。キャリアからの報奨金を多く取るため、あの手この手でiPhoneと一緒に有料オプションを売り込もうとします。最近は、お試し期間終了前にメールで通知するサービスもありますが、「契約した」意識の薄いユーザーが見落とすことも考えられます。
 
つまり、購入時にキャッシュバックや割引を提示されても、月額料金の発生する有料サービスやアプリの支払いで、知らずに損をしているユーザーが多いのです。

iPhoneの購入、理想と現実・・・

北氏は、「ショップスタッフが客との会話を通じて、使えばきっと喜ばれるであろうアプリを紹介し、使われていないようなら責任を持って解約までサポートする」ような「誠実なお店から買う」姿が理想、と述べます。
 
残念ながら、北氏の語る理想論は、あまりにも理想的で、現実との間に距離がある、と言わざるを得ません。携帯ショップや量販店に掲げられた見た目の「安さ」に引き寄せられ、ほぼ無自覚に有料オプションを契約してしまうケースが多いのが実態です。
 
もちろん、ユーザーに不要な有料オプションを勧めるような悪質なショップや代理店ばかりではありません。しかし、一般のユーザーが優良なショップを見極めるのは困難です。

iPhone購入の自衛策は「代理店のビジネスモデルに巻き込まれない」

私たちにできる自衛策は、有料オプション販売による報奨金で儲ける、代理店のビジネスモデルに巻き込まれないことに尽きます。以前の記事でもご紹介したように「お店に電話して、有料オプションの有無を確認する」「Twitterなどで情報を探す」ほか、キャリアのオンラインショップで予約・購入する方法があります。
 
キャリアのオンラインショップは、24時間利用可能なうえに、有料オプションや光回線とのセット割の勧誘もなく、購入や予約ができます。筆者も昨年、iPhone6 Plusをキャリアのオンラインショップで予約・購入した時、携帯ショップや量販店につきもののセールス攻勢が一切なかったことに拍子抜けしたほどでした。
 
iPhone6s、iPhone6s Plusの予約や購入を考えている方は、無駄な料金や後から解約する手間とストレスも考えて、購入先を選択してみてはいかがでしょうか。
 
 
(hato)

 
 

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone8/Plus/Xの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる