トップページ > 最新情報 > 【使い方】低電力モードで充電を長持ちさせる方法
2015年9月18日 15時37分

読了まで 144

【使い方】低電力モードで充電を長持ちさせる方法

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

バッテリーを長持ちさせる
 
iOS9から、省電力モードが追加されました。バッテリーの残りが20%を切ると自動で適用され、メールの取得やアプリのバックグラウンド更新、自動ダウンロードなどを制限することで消費電力を抑えることができます。
 
設定で低電力モードをONにすると、この低電力モードを常時適用することが可能になります。
 
そんな新機能の低電力モードの設定方法を紹介します。
 

iPhoneは取扱説明書を見なくても簡単に操作できるのが大きな魅力のひとつですが、実は更に便利に使い倒すための隠れた設定や、テクニックがたくさんあります。そんな「iPhoneのテクニック」をわかりやすくご紹介するコーナーです。

低電力モードに切り替える方法

低電力モードでバッテリーを長持ちさせましょう!
 

1.設定>バッテリーをタップする

2.低電力モードをタップする

 
低電力モード
 
また、低電力モードをONにすると、充電の残量に合わせて色が変わります。
 
バッテリー
 
バッテリーを長持ちさせたい人は、使ってみる価値のあるモードです。ただし、低電力モード中のメール取得やアプリの自動更新に制限がかかることを忘れず、手動で確認するようにしてくださいね!

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる