トップページ > 最新情報 > 全国500駅でiPhone 通信速度テスト!ソフトバンク、圧倒的な速さ
2013年10月27日 21時54分

読了まで 245

全国500駅でiPhone 通信速度テスト!ソフトバンク、圧倒的な速さ

全国500駅でiPhone 通信速度テスト!ソフトバンク、圧倒的な速さ
 
全国500駅での通損速度テストの結果、ソフトバンクが圧倒的な速さを見せました。利用者の多い全国上位500駅で、iPhone 5cを使った3キャリアの通信速度比較調査の結果を市場調査会社のクロス・マーケティングが発表しています。なお、iPhone 5cとiPhone 5sは通信方式が共通のため、iPhone 5sの調査結果として読めます。少し前に発表された調査結果ですが、ご紹介します。

全国500駅のダウンロード速度調査

調査は、iPhone 5s / 5cが発売されて約1週間後の2013年9月27日(金)~29日(日)に実施されています。調査場所は、平均乗降客数で全国上位500駅のホーム中央です。調査手法は、「BNRスピードテスト」でダウンロード速度を各キャリア3回ずつ測定して平均値を測定しています。

ソフトバンクダウンロード速度の全国平均でau、ドコモを圧倒


全国平均速度

出典:クロス・マーケティング



全国500地点のダウンロード速度平均は、ソフトバンクが11.92Mbps、auが6.7Mbps、ドコモが5.82Mbpsと、ソフトバンクの回線の速さが目立っています
 

最速地点数、速度分布

出典:クロス・マーケティング



また、500地点におえるダウンロード速度では、15Mbps以上という非常に速い接続ができた地点はソフトバンクで96地点ありますが、auとドコモにはありません。10Mbps~15 Mbpsと、かなりの速さでつながる地点数はソフトバンクが228地点に対し、auは5地点、ドコモで31地点と、ソフトバンクが全国的に快適なネット接続ができていると言える結果となっています。
 
これらの結果を踏まえれば当然といえば当然ですが、3キャリアで測定した際に「最速」だった地点数は、ソフトバンクが427地点、auが46地点、ドコモが27地点と、全国500駅中、85.4%地点と大多数でソフトバンクが最も速い、という圧倒的な結果となりました。各キャリアのトップ10は、以下の画像をご参照ください。なお、各キャリアで最も速かった地点は、ソフトバンクがJR東北本線川口駅 (28.88Mbps)、ドコモがJR山陽本線大久保駅 (13.46Mbps)、auがJR仙石線あおば通駅 (11.78Mbps)となっています。あなたの最寄駅はありますか?
 

3キャリアのトップ10

出典:クロス・マーケティング


ソフトバンクは倍速ダブルLTEが効果を発揮の模様

double
各キャリアの通信速度比較調査が実施されるのは、東京エリアでのデータが多くなりがちです。今回の調査は、全国の主要駅で実施されており、私たちが通勤や通学に使っている駅での通信速度を反映した結果となっています。ソフトバンクの圧倒的な高速接続は、2.1GHzと1.7GHzの2つの周波数帯で、余裕のある帯域を確保した「倍速ダブルLTE」が効果を発揮している模様です「倍速ダブルLTE」の詳細な解説はこちら)。

今後誕生する、多くのiPhone 5sユーザーが快適に利用できるよう、各社のネットワーク品質の向上に注目したいですね。
 
 
参照元:クロス・マーケティング
執 筆:hato

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる