トップページ > 最新情報 > Appleによる「引き抜き」でTeslaの製品開発に支障
2015年9月15日 14時02分

読了まで 213

Appleによる「引き抜き」でTeslaの製品開発に支障

Tesla_ModelX
 
Appleの自動車開発プロジェクト「Project Titan」の引き抜きが、Tesla Motorsの製品開発ロードマップの障害となっていることが明らかになりました。

Appleの引き抜きがTeslaに影響

AppleInsiderが入手した情報によると、Appleの引き抜きが、Teslaの自動車開発計画にかなりのダメージを与えているようです。
 
Teslaは度重なる延期ののち、今月ようやくModel Xクロスオーバーを出荷開始する予定です。Model Sセダンも開発計画がかなり遅れましたが、同モデルの開発が行われたのは「Project Titan」の立ち上げよりはるかに前の話です。
 
TeslaのModel 3は2017年末の発売予定ですが、同モデルについてもすでに自動車業界内では、発売が遅れるのではないかとの噂が流れています。

Project Titanのほとんどが元Tesla社員

Appleはこれまでに、最大1,000人をProject Titanのために採用したと見られていますが、その大半が元Teslaの社員だと言われています。今年夏にも、シニアエンジニアを含む7人がTeslaからAppleに移っています
 
今年2月、Teslaの創業者であるイーロン・マスクCEOは、AppleがTeslaの従業員に対し25万ドルをオファーしたものの、ほとんどの社員はその条件をのまなかったと述べています。
 
しかし前述したように、実際には多くのTesla社員がAppleのオファーを承諾し、会社を移っているようです。

AppleによるTesla買収はあるのか

こうした状況と、評価が高いにも関わらず今も不安定なTeslaの状態から、AppleInsiderの情報筋は、AppleによるTeslaの買収はありうるとしています。
 
マスク氏は過去にAppleと正式な会合を持ったことは認めているものの、買収の可能性はないと否定しています。しかし今年2月、アカデミー賞授賞式後のパーティーで、Appleのデザイン責任者であるジョニー・アイブ氏と真剣に話し込んでいる姿が目撃され、買収の噂に拍車をかけました。
 
とはいえ、噂はあくまで噂です。AppleはBeatsを除けば大手の買収は避けていますし、Teslaは次世代エコカー関連の特許をすべて無償開放しています。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる