トップページ > iPhone6s > iPhone6sで重量増の犯人とされてきたアルミニウム合金、完全な濡れ衣だった
2015年9月14日 08時18分

読了まで 27

iPhone6sで重量増の犯人とされてきたアルミニウム合金、完全な濡れ衣だった

iphone6s ディスプレイ
 
iPhone6sはiPhone6に比べ、14グラム(約11%)ほど重くなっていることが判明していますが、これまで重くなった理由は、ボディの素材を7,000系アルミニウム合金に変更したからだ、と言われてきました。しかし、新たなデータからは、この見方が「言いがかり」であることが明らかとなりつつあります。

アルミニウムでは2グラムしか増えていない


iphone6s ディスプレイ ベンチマーク
 
Apple Watchにも用いられている7,000系アルミニウム合金は、亜鉛を化合物のメインとしている点で、シリコンとマグネシウムを用いていた従来の6,000系よりも、密度が高いものとなっていることは事実です。
 
しかし、アップルの発表では、このアルミニウム合金によって前モデルから重くなった分は、iPhone6s Plusで2グラム、iPhone6sに至ってはわずかに1グラムも増えていないとのことです。
 
従って、強度を2倍にしたという点で褒められこそすれ、重量を増やしたかどで新アルミニウム合金が批判される言われは、実は全くないのです。

重量増の真犯人は3D Touchディスプレイだった


では、一体何が重量増加の真犯人なのでしょうか。
 
それは、3D Touchディスプレイです。ニュースサイトTHE VERGEによれば、ディスプレイの重量はiPhone6の12グラムから、iPhone6sでは29グラムと、250%近く増えたそうです。これはもちろん、アップルが感圧センサーを測るためのレイヤーを、新たにディスプレイへ重ねたからですが、この事実からはディスプレイだけで17グラムの増量が行われたことが分かります。
 
iphone6s ディスプレイ
 
しかし、全体を通してみると、iPhone6sは14グラム、iPhone6s Plusでも20グラムの増量にとどまっています。
 
ディスプレイだけで17グラム、アルミニウム合金でも2グラム増えているのですから、少なくとも5グラム分どこかが軽くなっていることになりますがまさかバッテリーの容量が減らされたのは、こんな些細な重量の問題が原因ではないことを、出先で充電問題に悩まされるユーザーとしては切に祈りたいところです。
 
 
Source:THE VERGE
(kihachi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる