トップページ > iPhone5c > iPhone 5s / 5cのLTE回線速度と品質・比較情報まとめ
2013年10月25日 06時00分

読了まで 437

iPhone 5s / 5cのLTE回線速度と品質・比較情報まとめ

iPhone 5s / 5cのLTE回線速度と品質:最新情報まとめ
iPhone 5s / 5cがソフトバンク、au、ドコモの3キャリアから発売され、キャリアを選びの決め手は「通信回線の快適さ」、とりわけ「LTEの回線速度」「LTEのつながりやすさ」にシフトしています。どのキャリアの回線が快適なのか、各キャリアの回線速度に関する取組状況とあわせてご紹介します。
 
なお、iPhone 5sとiPhone 5cの通信方式は同じため、iPhone 5cでもiPhone 5sと同等の通信速度となります。

回線速度調査の結果

iPhone 5s全キャリアの速度調査を価格.comが動画で大公開! (2013/11/6)
価格.comによる、都内4か所での調査の模様をノーカット動画で公開した画期的と言える調査。
ソフトバンクが、東京ドームでと驚異的スピード(下り59.38Mbps)を出すなど、4地点中3地点でトップ。
 
iPhone5s/5c回線速度計測でソフトバンクが1位-価格.com調査 (2013/9/27)
価格.comによる、JR山手線の全駅29駅での精密な調査結果。
1位:ソフトバンク(下り27.71Mbps)、2位:au(下り19.54Mbps)、3位:ドコモ(下り13.10Mbps)
 
ソフトバンクの爆速LTE、もはや「光」の領域に達していた! (2013/11/14)
S-MAXによる計測調査。ソフトバンクの下り最大112.5Mbpsの提供エリアで計測。
ソフトバンクが下り平均79.72Mbpsと、光ファイバー並みの速度。
 
ソフトバンク、au、ドコモ!iPhone 5sの電波、通信速度調査 (2013/11/13)
株式会社ICT総研による、全国の新幹線97駅での計測調査結果。ソフトバンクは地方(特に東北)のLTEカバー率に課題。ドコモは通信速度に課題。
 
全国500駅でiPhone 通信速度テスト!ソフトバンク、圧倒的な速さ (2013/10/27)
クロス・マーケティングによる、全国の主要500駅でのダウンロード速度調査。
全国平均1位:ソフトバンク(11.92Mbps)、2位:au(6.7Mbps)、3位:ドコモ(5.82Mbps)
 
「地方のドコモ」神話崩壊?iPhone 5s LTE速度対決・地方編をエンガジェットが公開(2013/9/27)
エンガジェット日本版による調査。東京から長野県の8か所で調査。
ソフトバンクとauが安定した速度を出す一方、「地方で強い」と言われてきたドコモは、LTEのアンテナすら表示されない地域が続出。
 
iPhone 5cの通信速度はソフトバンクが最速 インターネットコムが都内で調査(2013/9/24)
インターネットコムによる調査。待ち合わせ等で人の集まる場所5地点(池袋、新宿、渋谷、赤坂、後楽園)で調査。
平均速度で1位:ソフトバンク(下り18.87Mbps)、2位:au(下り15.93Mbps)、3位:ドコモ(下り:9.10Mbps)
 
都内で快適なデータ通信ができるのは「ソフトバンク」「ウィルコム」 インターネットコムが調査 (2013/9/18)
インターネットコムによる調査。iPhone 5s / 5cの発売前に、都内主要駅(品川、渋谷、渋谷駅地下、JR 新宿駅東口、JR 池袋駅西口)で、5キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、ウィルコム、イー・モバイル)の通信速度を比較。
通信速度ではauとウィルコムが同率、次いでソフトバンクが速い。
ウェブページ表示速度はソフトバンクが最速、次いでau、ドコモの順。
LTEの電波状況はソフトバンクとウィルコムが常にアンテナMAXで首位。

 
iPhone 5sの通信速度比較レポートが続々! (2013/9/20)
マイナビニュースによる調査。iPhone 5s/5c発売日にiPhone 5sを用いて、アップルストア銀座、JR新橋駅、JR恵比寿駅、アップルストア渋谷で計測。
各計測地点ともauの通信が安定して速い傾向。
 

パケ詰まり状況は?

iPhone 5cで山手線パケ詰まり調査、ドコモが最下位。iPhone 5sでも同様か(2013/10/16)
MMD研究所による、山手線主要6駅(新宿、池袋、渋谷・東京、品川、新橋)でのパケ詰まり発生状況調査。
パケ詰まりの発生率は、ドコモが13.4%(161/1200回)でワースト、auが2.3%(28/1200回)、ソフトバンクが1.0%(12/1200回)で最小のパケ詰まり。
 
ドコモのiPhone 5sでパケ詰まり。どうしてこうなった・・・ (2013/10/7)
ブランド総合研究所による回線調査。山手線6駅(新宿、渋谷、品川、有楽町、東京、秋葉原)でウェブページ表示時間、パケ詰まり状況を調査。
平均ウェブページ表示速度はソフトバンクとauが共に5.29秒に対し、ドコモは平均9.4秒と約2倍。
パケ詰まり率はauが2.4%、ソフトバンクで3.9%に対し、ドコモが16.8%と突出。

 

キャリア選びのカギは?

iPhone 5s、iPhone 5c キャリア選びのカギは…? (2013/9/13)
LTEがポイントとなる「ネットワーク」のほか「サービス」「料金」について詳細比較。
 
キャリア選択は「LTEのエリア・速さ」が重要!iPhone 5s / 5c購入者調査 (2013/10/23)
イードによる、iPhone 5s / 5c購入者対象の調査。キャリア選択理由1位に「LTEの通信エリアが広い」、3位は「LTEのインターネットが速い」が入り、ユーザーのLTE重視が明確に。
 
iPhone 5s・5c、プラチナバンドLTEを利用可能-ドコモ 4G LTEも対応 (2013/9/13)
日本で販売されるiPhone 5s / 5cが「プラチナバンド」に対応することが発表されました。「プラチナバンド」の解説もあります。
 

各キャリアの回線速度アップへの取り組み

ソフトバンク「ここから本気で行く」つながりまくるLTE前倒し (2013/9/13)
ソフトバンクがプラチナバンドLTE用の900MHz帯のサービス開始を、2014年夏の予定を2014年4月に前倒しすることを発表。
 
嵐の前の静けさ?ソフトバンクが新iPhone 5s/5cで描く通信戦略 (2013/9/18)
ソフトバンクの宮川専務が、「倍速ダブルLTE」にプラチナバンドを加えた「トリプルLTE」、「パケット接続率No.1」について語っています。
 
NTTドコモ、LTEの基地局を拡大へ-半年で4万局に (2013/9/20)
ドコモの加藤社長が、LTE基地局を2013年9月時点の2万8000局から4万局に増設すると表明しました。
 
 

総括

iPhone 5s/ 5cの発売当日から、数多くの回線速度調査結果が公表されました。iPhoneシリーズで初のプラチナバンドLTE対応ということで、発売前にはauの優位とソフトバンクの苦戦が予想されていましたが、数多くの調査結果でソフトバンクのLTE回線速度とパケ詰まりの少なさが実証されています。一方、ドコモはLTE回線速度、パケ詰まりともワーストを記録する調査が続出しており、回線品質の改善が急務となっています。
 
今後、回線品質に対するユーザーの目は厳しくなる中、各キャリアの取り組みに期待したいですね。
 
 
執 筆:hato

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる