トップページ > 最新情報 > iPhoneではAndroid Wearのフィットネスや健康情報は利用できない
2015年9月3日 00時38分

読了まで 211

iPhoneではAndroid Wearのフィットネスや健康情報は利用できない

Android Wear
グーグルがAndroid Wear for iOSを正式に発表し、Android Wearを搭載するスマートウォッチが、iPhoneに対応したことは既にお伝えしました。しかし、残念ながらアップルが提供するHealthKitとは互換性がなく、Android Wearで取得したフィットネス情報などがiPhoneには統合されないことが判明しました。

Android Wearの健康情報はiPhoneでは使えない

ニュースメディアBuzzFeed Newsによりますと、アップルとグーグルの担当者はAndroid WearはアップルのHealthKitにはアクセスできないことを認めた模様です。つまり、Android Wearを利用して収集したフィットネス情報や健康に関する測定結果の情報は、グーグルが提供する健康管理アプリ、Google Fitでしかアクセスできず、iPhone上のヘルスケアアプリには反映されないようです。

HealthKitをバイパスとグーグルが認める

Android Wear
グーグルの担当者は、今回リリースしたAndroid Wear for iOSが、アップルのHealthKitをバイパスしていることを認めており、Android Wearを利用するほとんどのユーザーは、Android Wearの機能を喜んで利用しているとコメントしています。一方、アップルの担当者はHealthKitに対応していないのはアップル側の問題ではなく、グーグルの選択だとコメントしています。
 
リリースされたAndroid Wear for iOSで、Android WearがApple Watchと同じようにiPhoneで使用できるのではと期待されました。しかし、スマートウォッチユーザーの利用率が高い、フィットネスアプリや健康に関する情報などがiPhone上で統合されないことは、ユーザーとしては残念な結果としか思えません。

iPhoneユーザーの選択肢はやはりApple Watch

今回、グーグルがアップルのHealthKitをバイパスしたことは、今後のiOS対Androidの競合関係を考えると、特に驚くことではありません。しかし、Android Wear for iOSのリリースでApple Watchではなく、Android Wearを利用したいと考えていたiPhoneユーザーは、再度検討する必要が出てきたと思われます。
 
 
Source : Apple Insider
(リンゴバックス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる