トップページ > iPhone6s > あなたのiPhoneをiPhone6sに買い替えるべき10の理由
2015年9月2日 00時51分

読了まで 334

あなたのiPhoneをiPhone6sに買い替えるべき10の理由

iPhone6 Plus


 
9月9日の発表イベントが近づいてきたiPhone6sですが、古いiPhoneをそろそろ買い替えるか迷っている方もいるかもしれません。アメリカのApple情報メディア9to5Macが、iPhone6sに買い替えるべき10の理由を掲載していたのでご紹介します。

iPone6sに買い替えるべき魅力の数々

2007年の初代iPhoneからiPhoneを毎年買い替えて使っている、9to5Macの編集者Jeremy Horwitz氏は、iPhone6sに買い替えるべき10の理由を以下のように説明しています。
 
隔年のモデル名末尾に「S」がつくアップデートは、端末の外見が変わらないことから地味な変化と思われるかもしれませんが、古いiPhoneから買い替えるには十分な魅力がたくさんあります。

理由1:画面が大きいことは良いことだ

いちど、4.7インチや5.5インチの画面を持つiPhone6やiPhone6 Plusを手にしてしまったら、以前のモデルの小さい画面には戻れないと感じるはずです。大きな画面のメリットは、写真や文字が大きく表示されるだけではなく、キーボードが大きいことで文字入力もラクになります。
 

理由2:バッテリーの持ちが良い!

iPhone6、さらにiPhone6 Plusには、大画面化で大きくなった本体に、大容量のバッテリーを搭載しています。特にiPhone6 Plusのバッテリー容量は2,915mAhと、iPhone5sの1,510mAhのほぼ倍の大きさで、充電の心配が軽減されます。一般的に、2年程度使っていればバッテリーの持ちも悪くなっているので、買い替えのメリットは大きいでしょう。
 

理由3:Touch IDが快適!

TouchIDSaphire
 
指紋認証センサーのTouch IDは、iPhone5sで導入されました。iPhone6/6 Plusでは、指紋認証の成功率が向上し、安定して認識しています。端末のロック解除だけではなく、App Storeでのアプリのダウンロードや、Dropboxやネットバンキングアプリの認証にも活用されています。
 
現在、日本では利用できませんが、Apple Payが使えるのもTouch IDのメリットです。
 

理由4:カメラ性能が大幅に進化しそう

iPhone6 カメラ
 
iPhone6sでは、背面にあるiSightカメラの画素数が1,200万画素で4K動画が撮影可能に、フロントのFaceTimeカメラは500万画素に進化すると見られています。特に、iSightカメラの画素数アップは2011年発売のiPhone4sから4年ぶりの大きな変化です。
 
画素数だけでなく、レンズ性能も進化を続けており、iPhone6 Plusには光学式手ぶれ補正がつくなど、暗い場所でもきれいな写真が撮りやすくなっています。
 

理由5:処理能力アップで大幅高速化

A9チップ
 
iPhone6sでは、メモリが2GBに拡大すると考えられています。これは、iPhone5からの3年ぶりのアップデートで、新開発のA9チップとあいまって、高速処理が期待できます。
 
iPhone6sに標準搭載されるiOS9のSafariでは、広告などの表示をブロックし、表示速度を7割以上スピードアップできるとのデータもあります。最新OSが快適に動作するのも最新モデルの利点の一つです。
 

理由6:もうiPadがいらなくなる

大画面のiPhone6/6 Plusの大ヒットは、皮肉にもiPadの販売低迷を招いたと言われています。事実、大画面を持ち高速処理が可能なiPhone6 Plusがあれば、タブレットが不要でiPhoneだけ持ち歩けばいい、と感じます。
 

理由7:横向き画面で便利に使える

iPhone6s Plusでは、本体を横にするとホーム画面が横向きになるランドスケープモードや、横長の画面を左右に分割して使うことができる分割スクリーンが利用できます。iPhoneを横向きのままロック解除して使うときも、快適に使うことができます。
 

理由8:Apple Watchに対応

iPhone6sは、Apple Watch発売後に初めて世に出るiPhoneとなります。iPhone6sを買っておけば、Watch OS2への進化でさらに使いやすくなるApple Watchが欲しくなっても、買ってすぐに使うことができます。
 

理由9:Force Touchが使える

iPhone6s
 
Apple WatchやMacBookに搭載されている感圧式のForce Touchは、iPhone6sに搭載される目玉機能のひとつと予測されています。iPhone6sなら、画面をタッチする強さによって操作メニューが変わる新鮮な体験が楽しめます。
 

理由10:噂の新色「ローズゴールド」と強度アップの新素材

iPhone6sには、Apple Watchと統一感のある新色としてローズゴールドが追加されると噂されています。また、本体に強度が2倍に向上したアルミニウム合金が使われるとの報道もあり、見た目の美しさと強さを兼ね備えたiPhoneとなりそうです。
 
 
Source:9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる