AppleとCiscoが提携~エンタープライズ環境にiOS端末を統合 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > AppleとCiscoが提携~エンタープライズ環境にiOS端末を統合
2015年9月1日 08時31分

読了まで 158

AppleとCiscoが提携~エンタープライズ環境にiOS端末を統合

collab-announce_fb_1200x1200_083115_box2


 
AppleとCisco Systemsは現地時間8月31日、CiscoのネットワークをiOS端末とアプリ向けに最適化し、iPhoneとiPadをCiscoのエンタープライズ環境に統合すると発表しました。

IBMに続きCiscoとも提携、ビジネス分野への浸透図る

Appleは昨年、IBMと提携を結び、企業向けiOSアプリの共同開発を行っています。またIBMがMacやiOS端末の企業への販売を支援するなど、Appleはビジネス分野における存在感を拡大しつつあります。
 
今回の提携の狙いは、Ciscoの得意分野である企業ネットワーク上で、iOS端末をより効率よく利用できるようにすることだとしています。
 
またクラウドベースのコラボレーションサービスCisco Spark、高機能テレビおよび音声会議技術Cisco TelePresence、オンライン会議ソリューションCisco WebExなどのCiscoの製品を、iPhoneやiPadで有効に活用できるようにする計画もあるとのことです。

「従業員のiOS端末が企業ネットワークで利用できる」が狙い

Appleのティム・クックCEOとCiscoのジョン・チャンバース会長は提携発表の場で、両社は提携の詳細を詰めるため、10ヶ月間の月日を要したことを明らかにしました。
 
提携の背景には、多くの企業の従業員が個人でiOS端末を購入、仕事で利用しているものの、企業側ネットワーク(Ciscoのような)と統合されていないという問題があるようです。
 
AppleとCiscoはこれについて、「iOSエンタープライズユーザーに『追い越し車線(Fast lane)』を提供する」という表現を用い、いつでもどこからでもiOS端末から企業ネットワークにアクセスできるようにすると宣言しています。
 
 
Source:Apple,Cisco Systems
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる