トップページ > 最新情報 > 充電スピード選手権!1位のスマホはなんと1時間半足らずで充電完了
2015年8月25日 21時35分

読了まで 20

充電スピード選手権!1位のスマホはなんと1時間半足らずで充電完了

iphone android バッテリー 持ち時間
 
現在スマートフォン界をリードする各ベンダーのフラグシップ・モデルで、最もバッテリーの充電スピードが速いのは、どの端末なのか――iPhone6とAsusのZenfone2、MotorolaのDroid Turbo、サムスンのGalaxy S6で実験した結果、以下のような結果が分かりました。

充電時間では完敗のiPhone

Android端末のニュースを紹介しているウェブサイトTom’s Guideによれば、バッテリーを0%から100%までフル充電するのに要した時間は、サムスンのGalaxy S6が一番少なく、1時間22分で充電が完了したそうです。
 
理由としては、Galaxy S6は、Android端末にしてはバッテリー容量が少なく、後述のZenfone2が3,000mAhであるのに対し、2,250mAhしかないことが挙げられています。
 
また一定量まで充電するという点では、AsusのZenfone2が最も早く、わずか15分で32%まで充電が可能であることも分かりました。
 
一方iPhone6は、バッテリーが1,810mAhしかないのにもかかわらず、充電完了までにGalaxy S6のおよそ2倍である2時間35分を要しました。

充電完了までの速度≠性能


もちろん充電スピードが速いからといって、各バッテリーの容量が異なるうえ、電力の消費速度も異なるので、どのスマートフォンが優れているか、一概に比較は出来ません。
 
バッテリーの持ちについては、iPhone 6とGalaxy S6ともに賛否両論の声がありますが、iPhoneはバッテリーの持ち時間と筐体の薄さのバランスを最大限追求していることが、サムスンはリチウムイオン・バッテリーの持ちを2倍にする技術を開発したことが、それぞれ分かっており、各社ともに改善策を講じることについては前向きです。
 
 
Source:Tom’s Guide,Cult of Android
Photo:Adrian Isen
(kihachi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる