トップページ > 最新情報 > この発想はなかった…メイン・カメラをグルリと回転させ、自撮りカメラに出来るスマホ登場
2015年8月21日 12時37分

読了まで 155

この発想はなかった…メイン・カメラをグルリと回転させ、自撮りカメラに出来るスマホ登場

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

huawei honor7i
 
中国のスマートフォンメーカーHuaweiは8月20日、メイン・カメラを180度回転させて自撮りが出来る、Honor7iを発表しました。

この発想はなかった


これまでのスマートフォンは、部品を積載するスペースの関係上、メイン・カメラに比べ、自撮り側であるイン・カメラの画質は、どうしても落ちてしまうのが常でした。
 
huawei honor7i
 
最近発表されたソニーのXperia M5(上図・国内未発売)など、2,150万画素のメイン・カメラ同様に、イン・カメラの画質も同じく1,300万画素と高画質な自撮り向け機種も存在しますが、イン・カメラにオート・フォーカス機能は付いていません。
 
こういった問題を解決すべく登場したのが、HuaweiHonor7iです。メイン・カメラとイン・カメラを同時に使うことはないという発想から、メイン・カメラを回転させることによって、イン・カメラとしても利用することが出来ます。当然メイン・カメラなどでオート・フォーカス機能は搭載、さらにカメラはソニー製の1,300万画素であるため、先述したXperia M5にも見劣りしない性能となります。

カメラ以外のスペックも上々

huawei honor7i
 
回転部位のヒンジの消耗が懸念されますが、Huaweiによれば、10万回以上は回転が可能で、50キログラムまでの重量に耐えるとのことです。
 
その他のスペックは、ディスプレイが1,080pの5,2インチ、CPUはQualcommのSnapdoragon616でオクタコア、メモリは2GB/3GB、内蔵ハードディスクは16GB/32GB、バッテリーは3,100mAh、MicroSDスロットを搭載とのことで、価格は1,599-1,899元(3万2,000-3万8,000円)になるそうです。
 
 
Source:PCWorld
(kihachi)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる