トップページ > 最新情報 > iPhone6sの筐体、iPhone6と比較して強度が2倍以上に?
2015年8月20日 07時48分

読了まで 153

iPhone6sの筐体、iPhone6と比較して強度が2倍以上に?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhone 6S アルミニウム
 
iPhone6/6 Plus発売時に、大きな話題となってしまったベンドゲート問題。
 
時の経過とともに収束したこの話題ですが、Appleはこうした噂を排除するために、iPhone6sでは2倍以上の強度をもったアルミ合金を使用するかもしれません。

使用される素材は7000番代のアルミ合金か

 

 
iPhone6/6 Plusでは、ポケットに入れるとiPhoneが折れ曲がってしまう、いわゆるベンドゲート問題が大きな話題となりました。iPhoneのサプライヤーとして著名な台湾メーカーFoxconnのCEOが「iPhone6 Plusのベンドゲートは競合企業の歪曲」と発言するなど、最終的には問題が収束していった印象がありますが、AppleはiPhone6sではそもそもこうした話題を提供しないためにも、強度の高い素材を使うかもしれません。
 
海外の人気YouTuber『Unbox Therapy』によりますと、iPhone6sにはアルミニウムのほか、マグネシウムやケイ素などが含まれる、強度が非常に高い7,000番代のアルミ合金が使用される模様です。
 
動画で公開されている折り曲げテストを確認すると、iPhone6がおよそ30ポンドで曲がってしまうのに対し、iPhone6sは80ポンドの荷重にまで耐えられていることが確認できます。
 
最新の噂では、iPhone6s/6s PlusはiPhone6/6 Plusに引き続き、大型のディスプレイを搭載しているようですのでズボンの後ろポケットに入れること自体をおススメできませんが、万が一そのことを忘れていて入れてしまってもある程度なら耐えられるということでしょうか。
 
 
Source:YouTube
(クロス)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる