トップページ > 便利グッズ > iPhoneがレジに!クレジット決済サービス「Square」
2013年10月22日 01時02分

読了まで 218

iPhoneがレジに!クレジット決済サービス「Square」

もしあなたがお店を持っているなら今あなたが手に持っているiPhoneがレジになり、たった3.25%の手数料でクレジットカード決済を簡単に導入出来ます。さらにリーダー本体も実質無料。導入企業・個人が現在急増しているようです。
 
Square

 

ユニクロも導入した超簡単クレジット決済サービス「Square」

Squareはアメリカのカリフォルニア州に本社を構える2009年に設立された、モバイル決済サービスを提供する会社です。
 
日本ではまだ耳にする事が少ないかもしれませんが、Squareを通した世界中の年間モバイル決済額は、設立4年目にしてすでに1兆円を超えており、日本では最近ユニクロが店頭でSquareを導入して大きな反響を呼んでいます。
 
Squareの具体的な使い方はとても簡単です。iPhone等スマートフォンのイヤホンジャックに決済リーダーを挿入してあらかじめiPhone内に登録しておいた商品をタップ。お客さんのクレジットカードをリーダーに読み込ませ、お客さんにiPhoneの画面上に指でサインしてもらえばOK。さらにレシートはメールやSMSで送ることが出来ます。
 

導入は簡単!まずはAppleStoreでリーダーを購入

Square 決済
 
日本全国のAppleStoreにて980円(税込)で販売されています。しかし、Squareのアカウント登録を行うと登録した銀行口座に1,000円をキャッシュバックしてくれるので実質は導入費用は無料!
 
アカウント登録後に、商品の画像や価格を入力します。また、その場で数字を打ち込んでその金額を決済してもらうことも出来ます。商品を登録しておけば、購入履歴が残るので売上や在庫管理もバッチリです。
 
さらに気になる決済手数料も、1回のクレジット決済につき手数料は3.25%のみ。そして翌営業日には即入金。あらかじめSquareに登録した銀行口座へ振り込まれます。
 

日本国内では飲食店向けの決済機能強化としてぐるなびと協業

Squareのニュースリリースによると、日本では「ぐるなび」や「三井住友銀行」と協業しており、中小の飲食店などを中心にモバイル決済サービスを浸透させていく予定のようです。
 
クレジットカード決済といえば、決済機器を数万円で購入したり、手数料も5%以上。さらに売上の入金も翌月払いなど小さなお店にとって導入の敷居は少し高いものではありましたが、今後はSquareのようなモバイル決済サービスが浸透する事で、よりクレジット決済が身近になりお店の販売促進に役立つかもしれませんね。

 
参照元:Square
執 筆:chappy

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる