トップページ > iPhone6s > iPhone6sはFDD/TD-LTE キャリアアグリゲーションに両対応か
2015年8月11日 21時14分

読了まで 156

iPhone6sはFDD/TD-LTE キャリアアグリゲーションに両対応か

WiMAX2 エリア拡大
 
WiMAXを提供するUQコミュニケーションズは10日、9月上旬より、これまで周波数帯の拡張を行っていなかった、首都圏、京阪神、名古屋、政令指定都市などにおいて、WiMAX2+の周波数帯の拡張を行い、9月末には、キャリアアグリゲーションによる下り最大220Mbpsの全国エリア化を完成する予定であると発表しました。

WiMAXの下り最大速度は40Mbpsから13.3Mbpsに減速

UQコミュニケーションズによりますと、WiMAX2+の周波数帯を2倍に拡張したエリアでは、WiMAXの下り最大速度が40Mbpsから13.3Mbpsになります。
 
同社は、WiMAX機器(WiMAX2+非搭載)からWiMAX2+機器への変更が済んでいないユーザーに対して早めの変更を呼びかけています。ただし、2013年10月に開始された「WiMAX 2+」サービスで、「3日間で1GB」を超えたユーザーには、いわゆる「速度制限」と呼ばれる規制を2015年4月から導入しており、ユーザーから不満の声が上がっているのも事実ですので、変更するか否かはユーザーご自身で判断したほうが良いものと思われます。

9月に完成という点が怪しい・・・

UQコミュニケーションズが発表したキャリアアグリゲーションによる下り最大220Mbpsの全国エリア化ですが、9月に完成予定というのが非常に気になります。
 
というのも、9月にはAppleの主力製品であるiPhoneの新製品「iPhone6s」が発表されると見られており、これと時期が合致するからです。
 
仮に、iPhone6sの発表に合わせるために、全国エリア化完成を9月に設定したのだとすれば、iPhone6sがFDD/TD-LTE キャリアアグリゲーションに両対応するからでは?と期待したくなります。
 
 
Source:UQコミュニケーションズ
(クロス)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる