トップページ > iPhone6s > iPhone6sの販売台数は前年割れの可能性も?KGI証券が示唆
2015年8月11日 20時07分

読了まで 156

iPhone6sの販売台数は前年割れの可能性も?KGI証券が示唆

iPhone6 Plus
 
栄枯盛衰ということでしょうか。
 
台湾のKGI証券によりますと、iPhone6s/6s Plus販売台数はiPhone6/6 Plusからゼロ成長か前年割れとなるかもしれないと伝えています。

感圧タッチは革新的なユーザー体験になりえない?

iPhone6sには、いまのところさほど大きなニュースはないようにも聞こえています。iPhone6/6 Plusと比較すればマイナーチェンジにとどまり、特に大きなところでは感圧タッチが搭載されると噂されることが変更点でしょうか。
 
しかし、感圧タッチが搭載されることにより、個人的にはユーザー体験がかなり上がると考えています。マップアプリやミュージックアプリ、電話アプリ上で様々なショートカットが可能となり、これまでよりも操作の時短が可能となります。こうした部分について、KGI証券は革新的なユーザー体験が提供できていないとしていますが本当にそうでしょうか。今後もこの部分については議論があるでしょうね。

中国市場の失速を懸念

iPhone6/6 Plusの特需については中国が牽引した感もありました。
 
発売されるやいなや、高額な商品であるにも関わらず飛ぶように売れましたし、日本でも中国人によるiPhone6/6 Plusの爆買いが問題となりました。
 
近頃中国は経済が一時期ほどの成長を見せておらず、消費も低迷気味で、買い替え時期からずれる今年は確かに危険かもしれませんね
 
ここまでAppleはiPhoneに支えられて成長を続けてきましたが、仮にiPhone6s/6s Plusが前年割れとなると、軌道修正を余儀なくされる可能性もありますので心配なニュースですね。もちろん、一方では楽観的なニュースもありますのでどちらに転ぶのか気になるところです。
 
 
Source:EMSOne
(クロス)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる