トップページ > 最新情報 > Apple Watchで九死に一生!心拍数のデータから大病が発覚
2015年8月6日 17時00分

読了まで 25

Apple Watchで九死に一生!心拍数のデータから大病が発覚

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

apple watch
 
使い勝手には賛否両論あるApple Watchですが、性能の高さは確かなようです。Apple Watchのお陰で一命を取り留めたというニュースがアメリカから飛び込んできました。

身体の異常には気づいていたが

64歳になるKen Robson氏は、サンディエゴに住む息子のところへ行こうと考えていたそうです。しかしすぐに疲れたり、めまいがするうえに、肌身離さず付けているApple Watchが表示する心拍数は30-40と、身体に変化が起きていることには気づいていました。この数値は、オリンピック選手でも無い限り、まずありえそうにもない値です。
 
結局、旅行後に病院へ検査を受けに行くことに決め、サンディエゴへ飛び立った同氏ですが、「機内で発作を起こして飛行機を強制着陸させるような男にはなりたくない」と道中でだんだん心配になり、旅先の病院で診断を受けることにしました。

Apple Watchの性能に皆びっくり

apple watch
 
Apple Watchから得られた2週間分のデータを見せ、そしてこれまで自分に起きていた症状などから、不正脈の可能性があると医師に告げたところ、見事に悪い予感は的中し、洞不全症候群ということで緊急に手術をする必要があるとの診断が下されました。
 
結果、ペースメーカーを埋め込まれる羽目になりましたが、手術は無事成功し、何事もなく生活が出来るまでに回復したとのことです。
 
Robson氏は、「誰もがApple Watchで病気のあたりをつけたことについて興味を抱きはしたものの、信じてはくれなかった」と述べていますが、誰もここまで的確な診断がApple Watchで出来るとは思わなかったに違いありません。
 
同氏でさえも、病院で測った心拍数と、Apple Watchで測った数値が全く同じだったことに、驚きを禁じ得なかったのだとか。
 
「コイツ(Apple Watch)が私の命を救ったというのはいささか大げさかも知れないが」と同氏は述べます。「思いっ切り人生を変えてくれたことは間違いない」
 
 
Source:ubergizmo,MedCityNews
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報, Apple Watch  タグ : ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる