トップページ > 最新情報 > Apple Musicのストリーミングデータ、ビルボードがランキングに採用
2015年8月5日 14時28分

読了まで 26

Apple Musicのストリーミングデータ、ビルボードがランキングに採用

Billboard


音楽情報誌のビルボードは、音楽チャートのランキングに使用するストリーミングサービスにApple Musicのデータを追加した模様です。ビルボードのチャートはアメリカ国内のミュージックシーンでは主要なポピュラーランキングとなっています。

Billboard 200やHot 100にデータを利用

ビルボードによりますと、現在Apple MusicのデータはBillboard 200アルバムチャートをはじめ、Hot 100シングルチャートや他のランキングにも使用されるようです。Billboard 200の場合には従来のアルバムの売上げ数だけでなく、アルバム内で再生された曲や、ストリーミング再生された曲も換算されデータとして利用されるようです。

ビルボード、多くのデータを基にランキング

ビルボードはApple Musicの他にも、Amazon Prime、Google Play、Medianet、Rdio、Rhapsody、Slacker、Tidal、Spotify、Groove Music Pass(従来はXbox Music)やこれまでのBeats Musicなどの音楽ストリーミングサービスのデータをランキングのために利用しています。
 
今回、ビルボードがApple Musicをランキングチャートのデータに加えたということは、Apple Musicが正式に認められたと考えられ、アップルにとっては重要な意味を持ちます。これまでiTunes Storeの曲目とアルバムの売上チャートは公表され、デジタルダウンロード市場の主要なランキングチャートと考えられてきました。

iTunes Store、ダウンロード市場は縮小

しかし、Spotifyに代表される音楽ストリーミングサービスや、Pandoraのようなラジオ局スタイルで音楽を提供するサービスの拡大により、音楽のダウンロード市場はここ数年間に縮小していました。

Apple Music、音楽市場の再編なるか

アップルはApple Musicにより、音楽ストリーミングサービスとラジオ曲スタイルという2つのメニューを用意することで、音楽のオンデマンド市場を再編しようとしているようです。
 
 
Source : Apple Insider
(リンゴバックス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる