トップページ > Mac > Macのバッテリー持ちを良くしたいなら、Safariを使用するべし!
2015年8月3日 20時44分

読了まで 234

Macのバッテリー持ちを良くしたいなら、Safariを使用するべし!

Mac ブラウザ


 
Google Chromeは、数あるブラウザの中でも人気のブラウザの1つですが、MacにはApple純正ブラウザであるSafariが最適かもしれません。
 
バッテリー販売店である『BatteryBox』が様々な場面でバッテリー消費に関する検証を行い、調査結果を公開しています。

ほぼすべてのシチュエーションでSafariが最適という結果に

Google Chromeは拡張機能が充実しており、非常に使いやすいブラウザの1つです。筆者も執筆の際にはいつもGoogle Chromeを使用しています。
 
しかし、バッテリーを長持ちさせようと思えば、Macには純正ブラウザであるSafariが最適のようです。『BatteryBox』が、各ブラウザによる様々なシチュエーションでのバッテリー持ち時間を計測しています。
 

Mac ブラウザ

メール作成・送信時


 
Mac ブラウザ

音楽ストリーミング時


 
Mac ブラウザ

エンターテイメントを楽しむ際


 
Mac ブラウザ

ジェネラルニュース閲覧時


 
Mac ブラウザ

テック系ニュース閲覧時


 
Mac ブラウザ

YouTube閲覧時


 
Mac ブラウザ

ソーシャルメディア閲覧時


 
Mac ブラウザ

検索サービスを利用する際


 
ほぼすべてのシチュエーションにおいて、Safariが他ブラウザを上回っている様子が確認できますね。特に音楽ストリーミングサービスを楽しむ際は圧倒的な電池持ちを記録しています。
 
Mac ブラウザ
 
バッテリー持ち時間の平均を見ると、2位のFirefoxを1時間ほど上回っています。在宅時やコンセントのあるカフェであれば、あまり電池持ちを気にすることがありませんが、長時間の移動時などはSafariを利用するのが得策かもしれませんね。
 
 
Source:BatteryBox
(クロス)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる