トップページ > 最新情報 > グーグルは決してあなたのことを忘れてくれない
2015年8月2日 20時38分

読了まで 152

グーグルは決してあなたのことを忘れてくれない

google
 
グーグルは30日、フランスの政府機関が新たに定めた「忘れられる権利」に賛同しない意向であることを明らかにしました。この権利は、ユーザーが「忘れられる権利」を行使した場合、全世界から検索結果を消去されるべきだというものです。

グーグルは遵守していると主張


「忘れられる権利」は、EU加盟国からなる欧州裁判所が認定したものであり、氏名と一緒に表示される無関係で扇動的な内容のオンライン上における検索結果に対し、ユーザーが削除を要請出来るというものでした。
 
米メディアのロイターによれば、グーグルは25万件のうち41%の削除に応じており、この命令については遵守していることを明らかにしています。

あくまでもローカル版でのみ対応

しかし、グーグルが削除する情報は、あくまでもドイツやフランスなどのローカル版のみであり、それ以外の国からは依然として閲覧できてしまうのが現状です。
 
これに対し、フランス政府独立機関の情報処理・自由委員会(CNIL)がグーグルに対し、「忘れられる権利」をグローバル版でも遵守するよう命令したところ、グーグルはブログ上で、「とある国が、他国の人間がどのような内容にアクセスできるかどうかを管理する権限を持つべきではない」として拒否する構えを見せました。
 
CNILは2ヶ月以内にグーグルの意向を拒否するかどうかの判断を下すそうですが、これによって、グーグルは罰金刑に処せられる可能性があります。
 
これまでにも、Android端末が独占禁止法に抵触している可能性があるとして、EU当局とは衝突しているグーグルなだけに、今後の同社に対する「圧力」には要注目と言えます。
 
 
Source:Reuters
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる