2015年8月1日 08時54分

読了まで 150

iPhone6s/6s PlusはiPhone6/6 Plusよりもやや大きくなる?

iPhone6s CADレンダリング


 
今年も例年通りいけば、9月頃に新型iPhone(=)が発売されると思われますが、ブログメディア『気になる記になる』によりますと、iPhone6s/6s Plusは現行モデルであるiPhone6/6 Plusよりもやや大きくなるようです。

ケースメーカーの仕様書から判明

『気になる記になる』は、ニュースメディア『Uswitch』からの情報として、サードパーティがiPhone6s/6s Plusのケースを作成するためのCADレンダリング(仕様書のようなもの)の画像が流出したようだと伝えています。
 

iPhone6s CADレンダリング

iPhone6sのCADレンダリングとされる画像


 
iPhone6s CADレンダリング

のCADレンダリングとされる画像


 
iPhone6s CADレンダリング
 
これによりますと、iPhone6s/6s Plusの本体サイズはiPhone6/6 Plusよりもやや大きくなるもののデザインが変わらないこと、iPhone6sでは背面カメラの出っ張りがなくなるものの、iPhone6s Plusでは背面カメラの出っ張りが残っていることが分かります。
 
情報元では動画も公開されています。よろしければご覧ください。
 

 
 
Source:気になる記になるUswitch
(クロス)
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる