トップページ > iPad mini > Retinaディスプレイ対応iPad miniは$329、限定数での供給とアナリスト予想
2013年10月18日 23時17分

読了まで 26

Retinaディスプレイ対応iPad miniは$329、限定数での供給とアナリスト予想

iPad mini2
多分、皆さんが関心を持っているのは来週22日(日本時間で23日午前2時)に行われるメディア向けイベントで、新しく発表されるiPad mini2にRetinaディスプレイが搭載されるのか、されないのかだと思いますが、アメリカの投資銀行、ジェフリーズ&カンパニーのアナリストであるPeter Misek氏が「iPad mini2にはRetinaディスプレイが搭載される」と断言しています。ただし、出荷数は限定的で手に入れるのは難しいだろうと付け加えています。
 
Misek氏の投資家向けレポートをBarron’sが以下のように伝えています。

フィルムベースの新しいタイプのRetinaディスプレイ?

新しくRetinaディスプレイを搭載したiPad miniは$329で発表されると予想しています。今回のiPad miniに搭載されるRetinaディスプレイは、フィルムベースの新しいタイプのディスプレイを使用していて、ロイターなどの多くの予想が新しいiPad miniの発表が2014年の第1四半期にずれ込むと予想したのは、これが理由だと思われます。なお、最初の出荷数は非常に限定的で200~500万台しか供給できないとMisek氏は予想しています。

Appleの将来を予想するアナリストとそうでないアナリスト

さて、ここで一つ気を付けておかなければならないことがあります。Cult of Macによると同氏のAppleについての予想は当たったためしがないくらいハズしているようです。アナリストですから予想するのが仕事なのですが、同氏を信じる投資家がいるのか少し心配になるくらいです。

Retinaディスプレイ搭載IPad miniは$399で登場か

なお、Cult of Macの予想ではRetinaディスプレイ搭載のiPad miniは確かに発表されますが、従来の解像度のディスプレイに取って代わる訳ではなく、従来のディスプレイモデルとの併売となり、廉価版で$329(約32,000円)、Retinaディスプレイ搭載のiPad miniは$399(約39,000円)。また、新しいiPad5は$499(約49,000円)になると予想しています。
 
 
参照元: Cult of Mac
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : iPad mini, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる