トップページ > iPhone6s > iPhone6s以降は容量16GBモデルが消失する?ただし最近の報道とは矛盾も
2015年7月19日 13時04分

読了まで 155

iPhone6s以降は容量16GBモデルが消失する?ただし最近の報道とは矛盾も

iPhone6s 内部容量


 
今年9月にも、新型のiPhone(=iPhone6s)が発売すると噂されていますが、現行モデルであるiPhone6/6 Plusとの変更点として、内部容量のラインナップが変更され、32GB/64GB/128GBになると様々なメディアで報じられてきました。
 
今回、ガジェット関連ニュースメディアの『M.I.C Gadget』がこれと同調するような報道をしています。

最低容量は、一体どうなるのか

『M.I.C Gadget』によれば、台湾EMS大手のFoxconnの内部からの情報として、iPhone6s以降のモデルについては16GBのモデルがなくなり、32GBからのラインナップになると伝えられています。情報筋によれば、iPhone6s/6s Plusに貼り付けられるステッカーに、16GBと記載されたものがないことから、今回の情報が出るに至ったようです。
 
iOS8がリリースされた際には、そのアップデートに必要な容量があまりに大きかったことから、16GBモデルではもう対応できないのではないかとの議論が巻き起こりました。しかし、iPhone6sと同時にリリースが予想されるiOS9はアップデートに必要な容量が大幅に削られており、16GBモデルでも十分に更新が可能なのではないかとの憶測もあります。

最近の報道との相違も

先日、iPhone ManiaではiPhone6sのロジックボードとみられる部品が流出したことをお伝えしました。ロジックボードには16GBの文字が確認されており、いずれの情報が事実であるのか気になるところです。
 
特に、ロジックボードの流出画像についてはかなり本物に近そうでしたし、試作段階とはいえ、そちらの方が確証が高そうな気もします。
 
 
Source:M.I.C Gadget
(クロス)

カテゴリ : iPhone6s, iPhone6s Plus, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる