トップページ > 最新情報 > 「Apple Watchを使ってやけどした」ユーザーが写真を公開
2015年7月12日 01時46分

読了まで 217

「Apple Watchを使ってやけどした」ユーザーが写真を公開

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Apple Watch やけど
 
Apple Watchを装着していたユーザーが手首にやけどを負ったとTwitterに写真を公開しています。

Apple Watchユーザーが手首をやけどした写真を公開

米メディアFusionによると、Paula Ceruttiさんは買ったばかりのApple Watch Sportを装着して、いつも通り1時間のヨガとランニングを終えた時、手首にやけどのような感じがしたそうです。バンドをきつく締めすぎていたせいかと思いバンドを緩めましたが、その夜、手首がやけどしていることに気付いたそうです。
 


 
Twitterには他にも、Apple Watchを装着していてやけどした、という投稿があります。
 


 
イギリス在住のAndrew Donnelly氏は10日前にやけどに気付いたそうで、原因について「運動中の汗と背面のライトを消し忘れたこと、その片方または両方だろう」と語っています。現在、Donnelly氏は運動中にApple Watchを着けていないそうで、運動量記録が主な機能のひとつであるApple Watchには皮肉な状況です。

皮膚のかぶれ、擦れの注意喚起も、やけどには言及なし

Apple Watch サポート
 
Appleは、使用状況によって皮膚のかぶれや擦れが起こることについて、サポートWebサイトで注意を促していますが、やけどについては述べられていません。Fusionは、この件についてAppleからコメントは得られていないと報じています。

OSバージョンアップ等で解決か

高性能な電子機器ほど稼働中の発熱は避けられず、長時間肌に直接触れる場合はやけどの可能性も考えられます。今後、Apple WatchのOSバージョンアップなどで発熱量を下げる対策が可能になるのでしょうか。
 
 
Source:Fusion,Apple
(hato)

カテゴリ : 最新情報, Apple Watch  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる