トップページ > Mac > Microsoft、「Office 2016 for Mac」をリリース
2015年7月10日 08時35分

読了まで 248

Microsoft、「Office 2016 for Mac」をリリース

wordforMac
 
Microsoftは現地時間9日、世界139ヵ国で「Office 2016 for Mac」をリリースしました。日本語を含む16ヵ国語に対応しています。
 
同社は今年3月にOffice for Macのプレビュー版を公開、この夏の正式リリースを発表していました。
 
Office 365ユーザーは、本日Office 2016 for Macを入手可能です。アカウントページでサインインすれば、すぐさまインストールできます。
 
またこの9月には、「1度のみの購入オプション」として購入可能になるとしています。

クラウド対応、Retinaディスプレイ対応

Office 2016 for Macクラウドに接続しているため、OfficeのユーザーIDでサインインすると、Macやほかのデバイス上のファイルにアクセスでき、編集を中断したところから継続することができます。
 
またMacのRetinaディスプレイをサポート、テキストや画像が鮮明に表示できます。Onlineテンプレートが数千種類と充実しているのも新たな特徴です。
  
おなじみのマルチタッチジェスチャにより、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションのナビゲーションが直観的に行えるようになりました。
 

Word for Macの新機能

 
[デザイン] タブでは、文書全体のレイアウトや色、フォントが管理できます。Bingの検索エンジンと連携した新しい[インサイト]ウィンドウには、閲覧や編集を行っているときにWebから取得した関連するコンテキスト情報が表示されます。またスレッド形式のコメントを使って、関連テキストのすぐ近くで会話を行うことができます。
 

Excel for Macの新機能

ExcelforMac
 
おすすめグラフでは表示された候補からデータに最適なグラフが選択可能に。大量のデータから必要な情報を見つけ出すのに役立つピボットテーブル スライサー、複雑な統計分析やエンジニアリング分析が行える分析ツールアドオンが追加されました。
 

PowerPoinf for Macの新機能

PowerpointforMac
 
テーマのバリエーションを使ってプレゼンテーションのスタイルを変更し、テーマによって異なる配色が指定可能となりました。そのほか[アニメーション]ウィンドウ、共同編集機能などが改善されています。
 

Outlook for Macの新機能

OutlookforMac
 
プッシュ メール機能に対応しており、受信トレイは常に最新の状態に保たれます。サーバ上のオンラインアーカイブにメッセージを移動し、メールボックスの空き領域が増やせるようになりました。スレッド ビューの表示が改善され、メッセージがスレッドごとに自動的に整理されるので、関連するメッセージを探し回る必要はありません。 また、新しいメッセージ プレビューでは、メールの最初の文が件名のすぐ下に表示されるため、メッセージを今読むべきなのか、後でもよいのかを瞬時に判断できます。
 

OneNoteの新機能

OnenoteforMac
 
太字、斜体、画像やファイルの挿入など、ノートの書式設定が自由に行えるようになりました。あらゆるデバイスからアクセスできるデジタルノートに自分のアイデアを書き込み、整理して、共有できます。 強力な検索エンジンで、ノートシール、インデックス、自分が入力したノートを検索し、画像や手書きノート内のテキストも認識できるので、必要な情報をすぐに見つけることができます。
 

 
 
Source:Microsoft
(lunatic)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる