トップページ > iPhone6s > iPhone6sはやはり爆速?中国電信「下り最大300Mbps」対応メーカーに「Apple」
2015年7月5日 00時22分

読了まで 149

iPhone6sはやはり爆速?中国電信「下り最大300Mbps」対応メーカーに「Apple」

Apple 4G 高速通信
 
iPhone6sは爆速ブラウジング端末端末となる可能性が高い模様です。
 
中国メディア『CNMO』は、中国キャリアの1つ「中国電信」が、「下り最大300Mbps」対応メーカーにAppleを含めていると伝えています。

iPhone6sは次世代通信に対応か

「LTE Advanced」などの名称で呼ばれる、下り最大300Mbpsの次世代高速通信は、国内外の様々なキャリアが導入(予定)を発表していますが、中国キャリアの「中国電信」もその1つです。先日、「中国電信」が高速通信「天翼4G+」に関する発表会を開催した際、対応メーカーの一覧にAppleの名前が含まれていたことを、中国メディアのCNMOが伝えています。
 

Apple 4G 高速通信

下り300Mbpsの高速通信「天翼4G+」の対応メーカーにAppleの名前があることが確認できる


 
対応端末という形で明確に記載はされていませんが、先日のリーク情報でもiPhoneの次期モデルである「iPhone6s」は300Mbpsに対応すると伝えられており、関連があるとしか思えない状況です。
 
それにしても、Appleはこの発表をすることに許可を出したのでしょうか。次期モデル登場直前のこの時期に、かなり気を使う内容にも思えるのですが・・・。リーク元が中国企業ということで、Appleの知らないところで情報が出てしまった可能性が高いように思えます。
 
 
Source:CNMO
(クロス)

カテゴリ : iPhone6s, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる