トップページ > 最新情報 > iPhone 5s、アップルのスマホ販売の64%を占める!
2013年10月14日 22時10分

読了まで 24

iPhone 5s、アップルのスマホ販売の64%を占める!

最近発売されたiPhone 5sが、2013年のスマートフォン市場で爆発的なヒットを飛ばしており、iPhone 5sはアップルのスマホ販売の64%を占めることがわかりました。一方、iPhone 5cは27%の割合に達していますが、iPhone 5sとは、2倍以上の開きがあります。ただ、iPhone 5cも発売後間もないですが、スマートフォン市場で存在感を示してはいます。

 

iPhone 5s(スペースグレー)

 

iPhone 5cの割合は27%程度

米シンクタンクのConsumer Intelligence Research Partners社では、9月にiPhone 5sとiPhone 5cが発売後の両端末に関する販売調査を実施しました。最新の数字によると、上記で述べた通りiPhoneの購買層の64%が、フラッグシップ端末であるiPhone 5sを選択しているようです。

 

一方、iPhone 5cは、iPhone 5sと同日に発売されミッドレンジ端末としてラインナップされましたが、27%の購買層から支持を受けました。そして、2011年に発売され現在も販売されているiPhone 4sが残りの9%の割合を獲得しています。

 

このデータを見ると、iPhone 5cは、iPhone購買層から大きなシェアを獲得しているとは言いがたい状況です。昨年のiPhone 5の販売時に、当時のiPhone 4sの割合が23%だったので、その数字よりかは若干良い程度であると言えます。

 

アップルの決算発表に注目

今後、アップルはiPhone 5sとiPhone 5cの売れ行きを反映した決算発表を予定していますが、iPhone 5cの販売状況が振るわない場合、スマートフォン市場は飽和状態であるということが窺い知れます。逆に、iPhone 5cが人気を獲得しているようであると、マージンの高いiPhone 5sと市場を食い合って、アップルの利益率を低下させる心配があります。

 

いずれにせよ、今後のアップルの決算発表が、様々な意味でスマートフォン市場の試金石となることでしょう。

 

参照元:AppleInsider
執 筆:MIYA

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる