トップページ > 最新情報 > テイラー・スウィフト、Apple Musicでの最新アルバム非公開を語る
2015年6月22日 01時06分

読了まで 240

テイラー・スウィフト、Apple Musicでの最新アルバム非公開を語る

Taylor Swift
 
テイラー・スウィフトが、Apple Musicに最新アルバム「1989」を提供しない理由を、自身のサイトで明らかにしました。

テイラー・スウィフト、Apple Musicでのアルバム非公開を語る

Appleが6月末にサービス開始予定の音楽ストリーミング配信サービス「Apple Music」において、テイラー・スウィフト最新アルバム「1989」が配信されないことが最近報じられました。
 
テイラー・スウィフトが、自身のTumblrサイトで「To Apple, Love Taylor(Appleへ。テイラーを愛して)」と題したメッセージを公開し、アルバムの提供取りやめの経緯を語っています。

Apple Musicの3ヶ月無料期間中のロイヤリティー不払いを厳しく批判

公開されたメッセージで、テイラー・スウィフトはAppleを「音楽の販売とファンたちとのつながりを生み出したベストパートナーで尊敬する企業」と述べる一方、Apple Musicの3ヶ月間の無料トライアル期間中、アーティスト側には全くロイヤリティーが支払われない点について、「ショックで、失望し、歴史に名を残す最先端の気前の良い企業が心底嫌いになった」と厳しく批判しています。
 
メッセージの趣旨について、すでに商業的に大成功を収めている彼女自身の問題ではなく「初めての作品を公開したばかりの新人アーティストが、3ヶ月間一切お金を受け取れないこと」の憂慮と述べられています。
 
また、同様に感じているのは自分だけではなく「全てのアーティスト、制作者、プロデューサーが、あまりにもAppleを敬愛し、尊敬するがゆえに公開の場で語ることができずにいる」と、音楽業界全体にAppleの方針に批判的な関係者が多いことを明かしています。

「3ヶ月の無料期間分のお金はAppleが負担するべき」

Appleについて「有料のストリーミングサービス実現という目的のためということは理解している」と評価した上で、「音楽ファンたちが3ヶ月間、無料で使ったぶんをアーティストや関係者に支払えるだけのお金を持っているはずだ」と、1分間で約730万円もの利益を上げ続ける巨大企業、Appleがロイヤリティーを負担するべきと主張しています。
 
テイラー・スウィフトは最後に、「Appleが、音楽業界に深刻で重大な影響を与える現在の方針を変えるのに遅すぎることはない」「私たちは無料のiPhoneを求めることはない。私たちに、何の対価もなく音楽を提供させることをやめて欲しい」と締めくくっています。

「Appleから脅された」との暴露も

Apple Musicに関しては、アメリカのミュージシャンAnton Newcombe氏が、「Appleの方針に同意しないとiTunesから楽曲を削除すると脅された」、と暴露して話題となっており、Appleはそのような事実はない、と反論しています。
 
ユーザーとして、サービスが一定期間無料でトライアルできるのは単純に嬉しいことですが、その一方で作品の制作にかかわった関係者が正当な対価を受け取れないことは、音楽産業の衰退にもつながりかねません。世界的に影響力の大きい歌姫の呼びかけに、iPodで音楽の楽しみ方に革命を起こしたAppleはどう応じるのでしょうか。
 
 
Source: MacRumors, Taylor Swift(tumblr)
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる