トップページ > 最新情報 > ビジネスパーソンのニュースアプリ利用、50代が最も多い
2015年6月15日 12時50分

読了まで 159

ビジネスパーソンのニュースアプリ利用、50代が最も多い

2015年6月10日、MMD研究所は、「ビジネスパーソンのニュースアプリに関する利用実態調査」の結果を発表しました。なお調査は、スマートフォンを所持する20代〜50代のビジネスパーソン557名を対象に行われています。

ニュースアプリは50代に人気

ニュースアプリ 利用率


年代別のニュースアプリのダウンロード率については、50代が73.7%と最も高いという結果になりました。また、全年代を通じたダウンロード率も62.7%と高く、ニュースアプリはSNSアプリ同様スマートフォンには欠かせないアプリになっているようです。

全年代でYahoo!ニュースがダントツ

ニュースアプリ 種類
年代別にダウンロードしているニュースアプリについては、全年代を通じてYahoo!ニュースが50%を超え、最多という結果になりました。また、2位と3位のSmartnews、LINE NEWSも全年代で同じ順位であることから、今回の順位が、現時点でのニュースアプリの人気構成図を表していると言えそうです。

ニュースアプリを選ぶ基準は記事の多様性

iPhone ニュースアプリ
ニュースアプリを選ぶ理由については、記事の多様性という理由が最も多くなりました。また、「使いやすさ」や「見易さ」というユーザビリティーに関する理由も2位と3位にランクインしています。

仕事がある日でもニュースアプリを利用する人は80%以上

ニュースアプリ 頻度
仕事がある日のニュースアプリ利用頻度については、80%以上が「利用する」と回答した結果になりました。忙しいビジネスパーソンにとってのニュースアプリは、ビジネスニュースに加えて、日々のちょっとした話題ネタ収集にも役立っているのではないでしょうか。

ニュースアプリの閲覧時間帯は常時

ニュースアプリ 時間帯
ニュースアプリの閲覧時間帯は、就業中を含むほとんどの時間帯で閲覧する割合が50%を超えており、常時利用しているユーザーが多いようです。そのため、情報収集という目的がありながら、アプリを開くこと自体が”癖”になっているユーザーも増えているのかもしれません。
 
 
Source:MMD研究所
(chappy)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる