トップページ > 最新情報 > RIMの元CEO「BlackBerryはiPhoneに負けた」と公式コメント
2015年6月11日 06時19分

読了まで 25

RIMの元CEO「BlackBerryはiPhoneに負けた」と公式コメント

iPhoneVSBlacberry


2012年1月にResearch In Motion(RIM)のCEOの座を退いたJim Balsillie氏が、このほど出版された書籍についてのインタビューで、AppleのiPhoneが同社のBlackBerryスマートフォン事業を壊滅に追いやったことを公式に認めました。

ハードではiPhoneに太刀打ちできなかった

BlackBerryの歴史と盛衰を描いた“Losing the Signal. The Spectacular Rise and Fall of BlackBerry”に関するインタビューにおいてBalsillie氏は、iPhoneが発売されてすぐ、BlackBerryが太刀打ちできないことはわかっていたと、2012年にRIMを去って以来初めて公の場で発言しました。
 
同氏はまた、iPhoneに対抗するために急遽導入されたタッチスクリーン搭載の「BlackBerry Storm」が散々な結果に終わったことについて、次のように述べています。

「Stormであまりにも多くのことを成し遂げようとしすぎた。タッチスクリーンで、クリックでき、新しいアプリを搭載していて・・・これを非常に短期間で行ったので、自滅してしまったのだ。このとき、高性能ハードウェアでは競合できないと悟った」

メッセージ事業に専念もかつての栄光は遠く

RIMはハードウェアよりもサービスで大きな収益を得ていたため、Balsillie氏は当時、BlackBerry MessengerサービスをiOSとAndroid端末に提供できると信じていたそうです。
 
RIMは社名をBlackBerryと改め、Balsillie氏の退社後となる今から約2年前に、BBMメッセージアプリをiOSとAndroid向けに提供開始しました。しかしAppleのiMessage、FacebookのMessengerやWhatsApp、GoogleのHangoutsなど強力なライバルがひしめくなか、BlackBerryはニッチ市場にとどまり、かつての栄光を取り戻すことができないでいるのが現状です。
 
 
Source : 9to5Mac
Photo : Flickr
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる