トップページ > Apple Watch > Apple、Watch OS2を発表~ネイティブアプリが続々登場
2015年6月9日 07時51分

読了まで 223

Apple、Watch OS2を発表~ネイティブアプリが続々登場

WatchOS
Appleは現地時間6月8日、WWDC2015の基調講演において、Apple WatchのOSであるWatch OSの最新版、Watch OS2を発表しました。また開発者向けに、Apple watchのネイティブアプリ開発が可能なWatch Kitをリリースしました。

watchOS 2でフェイスの自由度がアップ

WatchOSPhoto

写真をフェイスに設定可能に


 
watchOS 2では、自分の好きな写真をWatchのフェイスにしたり、Watchをチェックするごとに写真が入れ替わるよう、アルバムをフェイスに設定することができます。また「Time-Lapse」フェイスでは、24時間以上かけて撮影された、タイムラプス動画をフェイスに設定できます。
 
WatchOSTimeLapse

Time Lapseフェイス


 
新しい「Time Travel」機能では、デジタルクラウンを回して時計を進めると、予定表で今後の予定として入れてあるイベントを確認できるだけでなく、その時間帯の天気予報や飛行機の時間なども確認できます。
 
WatchOSTimeTravel

Time Travelフェイス


 
Nightstand Mode」にすると、Apple Watchは目覚まし時計となり、デジタルクラウンをサイドボタンはスヌーズ、目覚ましオフのボタンに早変わりします。また友達のコンタクト先を直接Apple Watchに追加したり、複数の色を使って絵を描くこともできるようになりました。
 
WatchOSNightStand

目覚まし時計として使える


WatchOSDraw

複数の色でお絵かきできるDigital Touch

Apple Watchから直接メールへの返信も可能に

そのほかSiriによるGlanceの立ち上げやメールへの返信なども実現しています。
 
watchOS 2はこの秋にリリースされる予定です。WatchKitを含むiOS9 SDKベータ版は、本日開発者向けに公開されました。
 
 
Source : Apple
(lunatic)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる