トップページ > 最新情報 > 米アップルの特許問題でSamsung製品に制裁措置
2013年10月9日 11時57分

読了まで 153

米アップルの特許問題でSamsung製品に制裁措置

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Samsungが同社の製品に課せられている輸入禁止措置をオバマ大統領に拒否するように要請したことで、アメリカ政府は同社に辟易しているようです。8月に、ITC(米国際貿易委員会)はアップル側の言い分を支持し、アップルの特許を侵害しているSamsung製の携帯電話やタブレットに対して禁止措置命令を下しました。

 

iPhone iPad

 

Samsungの要請の甲斐なく、制裁措置へ

Samsungは、禁止措置を解くように要請しましたが、その目はありませんでした。
「消費者や競争市場への影響、所管官庁での審議、利益団体からの情報を含めて、法的な条項を注意深く検討した結果、輸入禁止を認めることとした。」とオバマ大統領から任用された米貿易代表のMichael Froman氏は語っています。

 

この出来事は、オバマ政権がアップルによるSamsung製品の特許侵害に対する販売禁止措置を拒否したこととは対照的です。ちなみにこの特許侵害に関する問題は、これまでに販売されてきたアップル製品が対象となっており、iPhone 4sにも利用されている技術です。

 

特許に関する複雑な問題が内在

この問題を、アメリカ政府は国外企業よりも国内企業に対して好意的な措置を講じやすいということで捉えるのは簡単でしょうが、実は特許に関する複雑な問題をはらんでいます。Samsungは、アップルと競合するスマートフォン機能で、基礎的で必要不可欠である広範な特許を利用しているのです。Samsung製品への制裁措置は、Samsungがすでに製造を開始している新しい端末におけるアップルのデザイン特許侵害にも波及していると考えられています。

 

両社の対決は、法廷や政府を巻き込んで、さらに激しくなりそうです。

 

参照元:Cult of Mac
執 筆:MIYA

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる