トップページ > 最新情報 > アップル、LCDドライバICや音響部品で新規iPhoneサプライヤーを追加か
2015年5月27日 09時33分

読了まで 159

アップル、LCDドライバICや音響部品で新規iPhoneサプライヤーを追加か

Merry


アップルはiPhoneの部品のサプライヤーとして、新たな企業の追加を検討しているようです。台湾メディアDigiTimesが伝えています。

LCDドライバICサプライヤー候補に3社の名前

DigiTimesが台湾のICデザインハウスから得た情報によると、現在LCDドライバICサプライヤーの候補として、台湾Novatek Microelectronics、台湾Himax Technologies、台湾FocalTech Systemsの名前が挙がっているとのことです。
 
3社は製品の検証のため、すでにサンプルを納品しており、アップルは今年第2四半期末までには新しいサプライヤーを決定すると見られています。
 
アップルはLCDドライバICについて、Synaptics(旧ルネサスエスピードライバ、RSA)1社に依存する形からの脱却を目指していると報じられていました。

台湾Merry Electronics、音響部品の受注狙う

またDigiTimesは、台湾のヘッドセット部品メーカーであるMerry Electronicsが、アップルからの音響関連部品の受注を目指しており、部品サンプルをアップルが検証中であると報じています。
 
同メディアによれば、アップルはiPhoneについて、ヘッドフォンはフォスター電機、マイクとスピーカーはそれぞれ中国のAAC TechnologiesとGoerTekから購入しています。
 
MerryおよびJetvox Acoutstic、Eastern Technologies Holdingの台湾メーカー各社は、アップルが買収したBeatsにこれまで音響部品を提供してきました。しかし最近では中国メーカーがサムスン、ソニーなどのスマートフォンメーカーから音響部品の発注を勝ち取っており、競争が激化している模様です。
 
 
Source : DigiTimes
Photo : Merry Electronics
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる